iPhone6s

すべて

毎年9月に行われるiPhoneシリーズの新型発表。今年はモデルナンバーの後に”s”が付くマイナー
アップデートの年。外観は変わらずにCPUやカメラ性能等のスペックを底上げするのがこれまでの
規定路線でした。しかし今回発表されたiPhone 6s / iPhone 6s Plusのキャッチコピーは、
「唯一変わったのは、そのすべて。」!?

外観精度

すべてが変わったと銘打ったiPhone 6s。現行iPhone 6と比較した場合、その外観には全く変化が
無いように見えます。しかし、幅で0.1mm、高さで0.2mm、厚みで0.2mm大きくなっているの
です。全ての寸法が変わっているということは、確かに外観丸ごと完全ニューボディー。つまり、
変えられるのに、変えていない。逆に、0.1~0.mmの精度で、ほぼ同一の形を製造するという信念
とブランドアイデンティティーに深い驚きを感じます。

3D Touch

プロセッサはA8からA9に、メインカメラの解像度は800万画素から1,200万画素へ、ビデオ性能は
フルHDから4Kへ。各機能の性能は、今時の仕様に手堅くスペックアップ。特に、今回変わったもの
の中で最も身近な進化が”3D Touch”。タッチした際の指の押し込みの強さを検知し、疑似クリック
感を体験させてくれます。これはApple Watchの「Taptic Engine」と同じ仕組み!なるほど、
あの触覚インターフェースがiPhoneに。

Lightning Dock

Lightning Dock_

iPhone用の純性周辺機器として、長らく欠番だったドックが新たに登場。しかも、iPhone 6s
シリーズに合わせた4つのカラーリングで、本体とのコーディネートもばっちり。しかし、かつての
本体がはまり込むドックの形状と異なり、逆に本体から接点がポッコリ飛び出しています。これは
見るからに折れそう…。Lightningの接点破損が続出してきそうな雰囲気を感じるのは、私だけ?
---------------------------------------------
>>> iPhone 6 / iPhone 6 Plusのレビューはこちら!
---------------------------------------------
>>> camtips  ー GOOなMONOたち。ー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. GR III_3

    2019-4-21

    RICOH GR III レビュー Vol.5

    接写 RICOH GR IIIでは、これまでよりもさらに接写に強くなりました。GR IIの最短距離…
  2. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  3. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る