熱田神宮の大楠

三種の神器

八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)。

言わずもがな、日本古来から伝わる三種の神器です。多くの謎に満ちたこの神宝。ほとんど全ての
日本人のはもちろんのこと、皇族や天皇家でさえも実見を許されないと言われています。現在の
ところ、勾玉は皇居、鏡は伊勢神宮、そして剣は熱田神宮にあると言われています。

熱田神宮

草薙剣を御神体として祀る熱田神宮。神話の時代から続く古(いにしえ)の神社であり、本宮や
神楽殿はもちろん、織田信長が奉納した「信長塀」や、武将 真柄十郎左衛門が使用していた
2mもの大太刀を展示する宝物館など、広い境内の中には数多くの見どころスポットがあります。

樹齢一千年

正門入口の大鳥居をくぐり、参道を真っ直ぐ進んでいきます。宝物殿を過ぎた辺り、手を清める為の
手水舎(てみずしゃ)のすぐ横に、天高く見上げるほどの巨木が立っています。樹齢一千年を超える
と伝わる、熱田神宮のご神木、大楠です。弘法大師によって植えられたという伝説を持つこの楠は
高さは20mを超え、その太さは7mを優に超えるという大木。また、大きな幹の中には蛇が住んで
いるそうで、幹の下には卵が供えられています。大楠は神の木に相応しい貫禄に満ち溢れていました。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
--------------------------------------------
f4 1/125秒 ISO100 露出補正+-0
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 27㎜
--------------------------------------------
>>> まち、あち、こち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 砂ずりの藤

    2017-5-14

    奈良 春日大社 砂ずりの藤

    春の色 春は花。花は色。そうです、春は様々な色が芽吹く時。5月を過ぎる頃になると、ハイキングの途中…
  2. α6000_1

    2017-5-12

    SONY α6000 レビュー

    APS-C ミラーレスのベストセラー 巷で数ある、レンズ交換が可能な一眼レフ/一眼ミラーレスの中で…
  3. 奈良公園の桜と鹿_2

    2017-5-7

    奈良公園 茶山園地の奈良九重桜(ならのここのえざくら)と鹿

    桜の終盤 先月の下旬頃、奈良公園の桜ももう終盤にさしかかっているとのお知らせが、桜の見頃サイトでア…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る