Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −音質−

Beoplay H5_7

王道の音

Bang & Olufsen BeoPlay H8の音。その特性を一言で言えば、どっしりど真ん中。例えば、澄み
わたる高音の響きや、深みのある低音や、幅広い音場表現等、音質の特定箇所に拘って尖らせる、
ということはせずに、B&OがBeoPlay H8で提供しているのはあくまでも王道の音。

ボーカルの魅力

どのレベルも平均的にかさ上げされた音質は、優等生すぎてつまらないのかというと、そうでは
ありません。様々なサウンドの要素を磨き上げ、全体のバランスを引き上げた結果、音楽の核
とも言える、音の中核に位置する”ボーカル”の表現力が輝きだした、そんな感じです。

北欧の思想

デンマークで生まれたBang & Olufsen。従って、そのサウンド作りには北欧の文化と意思が
反映されています。長く厳しい冬を、家族と共に過ごす時間をとても大切にする北欧文化。家も
家具も家電でも、飽きのこない長く愛せるデザインと作りが基本になっていますが、音も同様。
落ち着きのある上質な寛ぎのサウンドが、人の生活の中に自然に寄り添っている。そうした音の
デザインがこのBeoPlay H8に詰まっている。そこには流行りやトレンドは一切ありません。

あるのは、音の本質だけ。グッドサウンド!
>>> 次回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −デザイン−
<<< 前回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −ノイズキャンセル−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Bowers & Wilkins PX

    2018-1-21

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー

    Bowers & Wilkins ジョン・バウワースとロイ・ウィルキンスにより設立された、…
  2. 電動バイク

    2018-1-19

    上海の電動バイク

    電動バイク 上海市内で路上を走る車両を見ると、アジアの国らしくバイクの大群をよく見かけます。信号待…
  3. 居囃子

    2018-1-15

    川越 居囃子(いばやし)

    川越 東京都心から一時間弱。江戸、明治、大正、昭和の時代の面影が今も残る街、川越。中でも蔵造りの商…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る