Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −音質−

Beoplay H5_7

王道の音

Bang & Olufsen BeoPlay H8の音。その特性を一言で言えば、どっしりど真ん中。例えば、澄み
わたる高音の響きや、深みのある低音や、幅広い音場表現等、音質の特定箇所に拘って尖らせる、
ということはせずに、B&OがBeoPlay H8で提供しているのはあくまでも王道の音。

ボーカルの魅力

どのレベルも平均的にかさ上げされた音質は、優等生すぎてつまらないのかというと、そうでは
ありません。様々なサウンドの要素を磨き上げ、全体のバランスを引き上げた結果、音楽の核
とも言える、音の中核に位置する”ボーカル”の表現力が輝きだした、そんな感じです。

北欧の思想

デンマークで生まれたBang & Olufsen。従って、そのサウンド作りには北欧の文化と意思が
反映されています。長く厳しい冬を、家族と共に過ごす時間をとても大切にする北欧文化。家も
家具も家電でも、飽きのこない長く愛せるデザインと作りが基本になっていますが、音も同様。
落ち着きのある上質な寛ぎのサウンドが、人の生活の中に自然に寄り添っている。そうした音の
デザインがこのBeoPlay H8に詰まっている。そこには流行りやトレンドは一切ありません。

あるのは、音の本質だけ。グッドサウンド!
>>> 次回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −デザイン−
<<< 前回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −ノイズキャンセル−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. プラドレッド

    2017-8-21

    赤いひまわり プラドレッド

    花のイメージカラー 花には皆それぞれに、イメージカラーがあります。桜はピンク。藤は紫。チューリップ…
  2. ウィーディーシードラゴン

    2017-8-19

    サンシャイン水族館 ウィーディーシードラゴン

    馬か竜か? こちらの写真は、サンシャイン水族館で撮影したウィーディーシードラゴン。オーストラリアに…
  3. α6000_5

    2017-8-11

    SONY α6000 レビュー -オートフォーカス-

    0.06秒 シャッターボタンを半押しして、一瞬でピントが合うこの気持ちよさ。そのスピード、なんと0…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る