Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −デザイン−

Beoplay H5_4

リアルマテリアル

Bang & Olufsenが、Bang & Olufsenであり続けるその理由。それは何と言ってもデザインです。
1925年にデンマークでB&Oが誕生してから、長年に亘って培われてきた独自のデザイン哲学により
誕生した高品位なプロダクトの数々。そのこだわりを一言で言えば、リアルマテリアルの追求です。

メタル/革/ファブリック

本物素材を使う理由。それは、機器の適正な箇所に最良の素材を使用することで、製品を長く使い
続けるうちに、製品への愛着と満足感を与えてくれる、そのためです。したがって、高級感の演出
を優先させたものではありません。
H8のアームにアルミを使うのは、樹脂製アームで発生する嵌合部のギシギシ音を防止するためで、
イヤーパッドにラムスキンを使うのは、耳や肌への触感や経年後の味わいなどを考慮した結果です。

デザインの品質

ヘッドホンに必要な使用目的に従って厳選された素材とこだわりの品質が、デザインの品位を高く
保ち、誰もが一目で上質であると感じる本物感を表現しています。まるで高級家具のような大人の
装いを纏った外観の中に、先進のワイヤレスとノイズキャンセリング技術を詰め込んだ、驚きの
ギャップ感。B&Oのブランド力とプレゼンスは、ここ日本でも着実に高まりつつあります。

>>> 次回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −おすすめアーティスト−
<<< 前回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −音質−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 北堀江の看板

    2019-6-10

    RICOH GR III レビュー Vol.13

    レンズ構成 今回の新型GR IIIでは、レンズの構成が変わりました。前衛機種GR IIの5群7枚か…
  2. GR III_6

    2019-6-7

    RICOH GR III レビュー Vol.12

    デザイン RICOH GR III のデザイン。初代GRから脈々と続く、この無骨とも言える独自のス…
  3. 黒部ダム

    2019-6-3

    黒部ダム

    最高峰の土木技術  日本で最も堤高(ダムの高さ)が高いダム、黒部ダム。建設作業に従事した作業員は述…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る