BLUE BLUE YOKOHAMA

乾いた空気感。

横浜 象の鼻地区に店を構えるBLUE BLUE YOKOHAMA。すぐ目の前は横浜港。波止場の入り口に
店を構える店舗の外壁はとても印象的。長年海からの潮風に晒され続けて長い歳月を過ごしてきた
ような、どこか乾いた雰囲気とクールな空気感が、いかにも横浜らしいのです。

BLUE

ラフな仕上げの吹き付け壁に、鮮やかに青い“BLUE”のペイント。その前に無造作に立てかけられた
大小の錨(いかり)のくすんだ錆具合。そのすべての小道具が緻密に計算されているかのようにも
見えるお店の看板代わりのディスプレイ。

EF24-70mm F2.8L II USMの色。

夕暮れ前の、このドライな空気感をEOS 6DとEF24-70mm F2.8L II USMで写してみました。
なるほど、こう捉えたかぁ…と、感心。吹きさらしの褪せた色調の中にも、“BLUE”の文字の鮮やか
さを表現。確かな描写力を感じさせ、じっと見ていても見飽きさせない世界観を作り出しています。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
f6.3 1/40秒 ISO250 露出補正-0.7
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 28㎜
------------------------------------------
>>> まち、あち、こち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る