Bowers & Wilkins PX_5

マテリアル

新たに誕生したBowers & Wilkinsのヘッドホン PXを語る上で、まず最初に取り上げたいのが
デザイン。目にしてすぐに”これは違う”と分かる圧倒的な存在感。特別なシリーズである、という
事がビンビン伝わって来るプレミアムな雰囲気。その秘密はなんといってもマテリアル。

金属加工

“Bowers & Wilkins”のクールなブランドロゴが刻み込まれたイヤーカップは、染色アルミニウム
にエッチング加工仕上げ。エンボス加工のロゴにはダイヤカットが施され、まるで本格オーディオ
機器のような、精緻な金属加工の妙を醸し出しています。

ファブリック

イヤーカップのアウターを見ると、一般的なヘッドホンではあまり見られないファブリックで
外観がカバーされています。これは、耐熱/耐摩擦性に優れ、ナイロンの5倍の強度を誇ると
言われているバリスティックナイロン。防弾チョッキの生地としても採用されている高耐久素材
をさりげなく組み合わせているところは、まさに大人のデザイン。

ヘッドバンドに採用したソフトレザー、メタル加工と高機能ファブリックのイヤーカップ。拘りの
素材ミックスでデザインされたその佇まいは、まるで家具のよう。音楽マニアの心をくすぐります。

>>> 次回 Bowers & Wilkins PX 1st レビュー -サウンド-
<<< 前回 Bowers & Wilkins PX 1st レビュー
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. FUJIFILM X-H1

    2018-2-17

    FUJIFILM X-H1

    Xシリーズ 富士フィルムのプレミアムライン、Xシリーズから新たな製品が登場。ついにシリーズで初とな…
  2. Bowers & Wilkins PX_6

    2018-2-15

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー -使用性-

    装着感 ヘッドホンとしての最も重要な機能はもちろん音ですが、装着感も同じくらい重要なファクター。こ…
  3. 雪と鹿

    2018-2-12

    雪の飛火野と鹿

    雪降る朝 今朝起きてみると、外は一面雪。しかし空を見るとすでに雲が消え行き、晴れ渡る白銀の世界が見…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る