Canon DIAL 35の魅力 ② -構造-

dial35_4

タテをヨコに。

ハーフサイズカメラの場合、35mmフィルム一画面分を左右二分割して撮影するので、通常は
ファインダーを覗くと画面は縦アングル。しかしダイヤル35の場合、ファインダーを覗くと、
一般的なフィルムカメラと同じ横アングル。ヨコがタテに、そしてタテがヨコに?

垂直レイアウト

なぜハーフサイズなのにファインダーが横長なのか?それは、本体構造が縦長レイアウトだから。
つまり、通常カメラに装填するフィルムの向きは水平方向ですが、ダイヤル35は上から下方向に
セットする(!?)独特な構造。つまり構造自体を縦にしたことで、ファインダーは横になったと
いう訳。しかし”縦長フォルムのカメラ”と想像すると、普通は持ちにくそうと思いますよね。

グリップ=巻き上げノブ

ダイヤル35の本体デザインの大きな特徴のひとつでもある、下部に取り付けられた円形グリップ。
実はこれ、フィルムを巻き上げるノブを兼ねているのです。中にゼンマイを仕込んでいるので、
グリップをチリチリ回しておくと、巻き上げた分だけオートワインダーとして使用できるのです。

縦持ちならではのカタチ

この巻き上げノブを握り込み、人差し指と親指で本体を前後に支える、縦型フォルムならではの
独自のグリップ。しかも人差し指は自然にレリーズボタンの上に来るように配置されています。
グリップは”カメラ本体を握るもの”という概念を打ち破る新しいカタチ。だからユニーク!

ダイヤル35独自の構造とデザイン、その秘密はまだまだあります!
--------------------------------------------
>>> 続いては、Canon DIAL 35の魅力 ③ -デザイン- です。
<<< 戻る Canon DIAL 35の魅力 ①
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 苔玉

    2018-12-15

    Canon EOS R レビュー -トーン-

    一新 1987年にEOS一号機が誕生して以来、30年以上もの歴史を積み重ねてきたEOSシリーズ。そ…
  2. EOS R_12

    2018-12-9

    Canon EOS R レビュー -サイレント撮影-

    中西 敏貴 Canon EOS Rの発売前に行われた、EOS R SYSTEM PREMIUM S…
  3. 朝の奈良公園2

    2018-12-2

    Canon EOS R レビュー -オートフォーカス Vol.2-

    デュアルピクセルCMOS AF 撮像センサー自体がAFセンサーという特性を持つ、デュアルピクセルC…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る