Dial35_青山

ハイコントラストの場合

デジタルカメラで言うところのダイナミックレンジ。つまり白から黒へと続く諧調の深さについて、
ダイヤル35の場合どこまで懐が深いのか?その実力を試すため、街中で被写体を色々と探し歩いて
いました。そんな時に目に入ったのが、南青山のプラダ ブティック青山店。早速試してみました。

光と影

この日は薄曇りで時おり太陽が顔を見せるような天気。印象的な菱形のガラスブロックを下から
見上げると、ちょうど太陽光の反射とガラスの影の部分が半々になるような位置。この場所から
目測で距離を合わせて、露出を変えながらシャッターを切りました。

青の色

フィルムスキャナーからデジタルアウトプットされた画像を見てみると、都市の近代建築の場合、
Canon DIAL 35のレンズ、SE28mmF2.8が作り出す独特の青い色彩が良く似合います。ドライ
な雰囲気の中で、反射光のハイトーンから影色のアンダートーンまで、色飛びせずに粘り強く
諧調が表現されています。なかなかやるな!と感心してしまいました。
--------------------------------------------
Canon DIAL 35 レンズ: SE28mmF2.8
--------------------------------------------
<<< 戻る Canon DIAL 35の魅力 ⑤ -色-
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Bowers & Wilkins PX

    2018-1-21

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー

    Bowers & Wilkins ジョン・バウワースとロイ・ウィルキンスにより設立された、…
  2. 電動バイク

    2018-1-19

    上海の電動バイク

    電動バイク 上海市内で路上を走る車両を見ると、アジアの国らしくバイクの大群をよく見かけます。信号待…
  3. 居囃子

    2018-1-15

    川越 居囃子(いばやし)

    川越 東京都心から一時間弱。江戸、明治、大正、昭和の時代の面影が今も残る街、川越。中でも蔵造りの商…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る