Canon EF16-35mm F4L IS USM -手ブレ補正-

大極殿と少女

GO icon

Canon史上初

Canon EF16-35mm F4L IS USMを語る上で、これだけは絶対に外すことができない機能。同社の
広角ズームレンズでは史上初搭載となる光学式手ブレ補正機構。超広角に手振れ補正?と、最初は
その必要性にやや疑問があったのですが、なかなかどうして、使ってみると、これが実に心強い!

被写体に集中

ブレを気にせずスローシャッターが切れる、ということは、
1.より暗所での撮影が可能になる。
2.ISO感度の上げ幅を押さえられる。
3.被写体のブレを積極的に演出として取り入れられる。
といったように、様々な場面で撮影の幅が広がることが、手振れ補正の強みなのですが、何よりも
撮影時に被写体に集中できることが最も重要なのです。

安定感と安心感。

通常、シャッターを押す直前まで、ピント、アングル、露出など、様々な確認事項を一瞬のうちに
こなしていきます。中でも決定的な瞬間を切り出すスナップの場合、ファインダーの中で、ピント
をしっかり固定してくれるその安心感は、とてつもなく大きいのです。ちなみにタイトルの写真は、
シャッター速度はなんと1/5秒!ISが無ければ間違いなくブレ写真になっていたでしょう。しかし、
手持ち撮影で1/5秒でもピタッと画を止めてみせる、こいつは頼もしい機能です!
--------------------------------------------
f4 1/5秒 ISO800 露出補正+-0
Canon EOS 6D レンズ: EF16-35mm F4L IS USM 20㎜
--------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF16-35mm F4L IS USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
>>> 次回 Apple Watch レビュー① ー文字盤ー
<<< 戻る Canon EF16-35mm F4L IS USM -逆光耐性-
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る