Canon EF16-35mm F4L IS USM -手ブレ補正-

大極殿と少女

GO icon

Canon史上初

Canon EF16-35mm F4L IS USMを語る上で、これだけは絶対に外すことができない機能。同社の
広角ズームレンズでは史上初搭載となる光学式手ブレ補正機構。超広角に手振れ補正?と、最初は
その必要性にやや疑問があったのですが、なかなかどうして、使ってみると、これが実に心強い!

被写体に集中

ブレを気にせずスローシャッターが切れる、ということは、
1.より暗所での撮影が可能になる。
2.ISO感度の上げ幅を押さえられる。
3.被写体のブレを積極的に演出として取り入れられる。
といったように、様々な場面で撮影の幅が広がることが、手振れ補正の強みなのですが、何よりも
撮影時に被写体に集中できることが最も重要なのです。

安定感と安心感。

通常、シャッターを押す直前まで、ピント、アングル、露出など、様々な確認事項を一瞬のうちに
こなしていきます。中でも決定的な瞬間を切り出すスナップの場合、ファインダーの中で、ピント
をしっかり固定してくれるその安心感は、とてつもなく大きいのです。ちなみにタイトルの写真は、
シャッター速度はなんと1/5秒!ISが無ければ間違いなくブレ写真になっていたでしょう。しかし、
手持ち撮影で1/5秒でもピタッと画を止めてみせる、こいつは頼もしい機能です!
--------------------------------------------
f4 1/5秒 ISO800 露出補正+-0
Canon EOS 6D レンズ: EF16-35mm F4L IS USM 20㎜
--------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF16-35mm F4L IS USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
>>> 次回 Apple Watch レビュー① ー文字盤ー
<<< 戻る Canon EF16-35mm F4L IS USM -逆光耐性-
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. IER-Z1R

    2018-8-12

    SONY IER-Z1R

    Signature Series ヘッドホン、デジタル・オーディオ・プレーヤー、ヘッドホンアンプ。…
  2. 久米寺の黒猫

    2018-6-30

    久米寺の猫

    あじさい寺 梅雨後半の日曜日、奈良 久米寺を訪れました。久米寺はあじさい寺。本堂横にはあじさい園が…
  3. Chromecast Audio

    2018-6-23

    Google Home / Mini レビュー -外部スピーカー連携 その4-

    もう一つの音楽連携 前回まで、Google Home+ワイヤレススピーカーで快適に音楽を楽しむ方法…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る