Canon EF24-70mm F2.8L II USM レビュー -質感表現-

鉄瓶と抹茶

EF24-70mm F2.8L II USMで時折ハッとさせられる、高い質感表現。

「描写力の高さ」と「質感表現の高さ」とは、同じもののようでいて、中身はちょっと異なります。

・「描写力の高さ」とは、レンズを通してイメージセンサーに届けられた画像が、破綻なく正確に
 写し撮られているということ。

・「質感表現の高さ」とは、正確な描写力を前提として、それぞれの被写体が持つテクスチャーの
 魂が、画の中に封じ込められているかどうかということ。

どうでしょう、やや表現の次元が異なりますね。

記憶を呼び起こす、テクスチャー。

タイトル写真を見て下さい。いかがでしょうか、この鉄瓶の質感。
これまで歩んできた鉄瓶自身の人生さえ感じませんか?様々な人の手によって鞣(なめ)された
蓋の突起。記憶の奥をくすぐられそうな錆の匂い。コトコトと泡立つ小さな沸騰の音。

鉄瓶のテクスチャーだけではありません。

触れればカサッと崩れてしまいそうな藁の灰。口にすれば唇の上に残りそうな抹茶の泡の柔らかさ。
吹き出す湯気から感じ取れる冬の気配。

「質感表現」とは「時間表現」。

そうした個々のリアリティが渾然一体となることで、この濃密な時間の中に、知らず知らずの内に
入り込んでしまう。つまり、撮影者が感じた時間を、見る人がどれだけ深く共有できるか。その
描写の力こそ、質感表現の高さなのです。

そして今一度、鉄瓶をご覧下さい。        -このレンズには、その力があるのです。

>>> 次回 iPhone 6 / iPhone 6 Plus レビュー
<<< 前回 Canon EF24-70mm F2.8L II USM -色彩-
--------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
-----------------------------------------
f/5.6 1/80秒 ISO1250 露出補正-1.3
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 41㎜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る