Canon EOS 6D

世界最軽量のフルサイズ一眼レフ、Canon EOS 6D。

EOS 60Dや70D等の2桁番台APS-Cシリーズと変わらないその小さなボディーに、フルサイズ
センサーを搭載したEOS 6D。発売と同時に購入してから早二年。改めて使用レビューです。

軽さは正義。

これまで愛用してきたのは、APS-CのEOS 40D。フルサイズ機へとステップアップするにあたり、
EOS 5D Mark IIIという選択もありましたが、手に余る大きさとズシッとくる本体重量には…。
街中に一眼レフを連れ出す時には、気分もバッグも軽やかに行きたいのです。

世界最軽量を謳うEOS 6Dの本体重量は約680g。店頭で6Dを初めて手にした時、APS-C機の
EOS 70D(約675g)と変わらないその軽さと大きさには、正直驚かされました。
そこでピン!ときました。「これならカメラバッグのレイアウトを変えなくても大丈夫だ!」 
カメラバッグの中は場所の取り合いです。今日はマクロが必要だからiPadは諦めよう…、と
いったように、イス取りゲームの争いは熾烈です。泣く泣くこのレンズを諦めて、現地で
悔しい思いをすることもしばしば。        ーーー そう、軽さは正義なのです。

さて、重量の話ばかりしてきましたが、肝心の画のほうはどうでしょうか。
早速次のページで見てみましょう。

>>> 次回 Canon EOS 6D レビュー -描写力-
>>> 新製品レビュー 総合ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Bowers & Wilkins PX

    2018-1-21

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー

    Bowers & Wilkins ジョン・バウワースとロイ・ウィルキンスにより設立された、…
  2. 電動バイク

    2018-1-19

    上海の電動バイク

    電動バイク 上海市内で路上を走る車両を見ると、アジアの国らしくバイクの大群をよく見かけます。信号待…
  3. 居囃子

    2018-1-15

    川越 居囃子(いばやし)

    川越 東京都心から一時間弱。江戸、明治、大正、昭和の時代の面影が今も残る街、川越。中でも蔵造りの商…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る