EOS R_1

カウントダウン R

10月下旬の発売まで一ヶ月と少し。キヤノンのカメラ史上、一つの転換点となるフルサイズ・マシン、Canon EOS Rの市場デビューを前に、このミラーレスは一体どういうカメラなのか?その疑問を少しでも晴らすべく、実機をハンズオンしてきました!

キヤノンデジタルハウス大阪

全国各地にあるキヤノンのパーソナル向けショールームで、EOS Rの実機展示が始まっています。私が訪れたのは、キヤノンデジタルハウス大阪。先行展示機は3台、装着されている交換レンズはRF24-105mm F4 L IS USMと、RF28-70mm F2 L USM。

グリップ感

先行展示品でまず最初に確かめたかったのがグリップ感。このRシリーズから新たにラインナップされたRFレンズたちは巨砲揃い。その大きさと重さをしっかりと支えるためには、何よりもホールドした時の、手とカメラ本体との一体感が欠かせません。

EOSらしさ

大柄な一眼レフとは違う、ミラーレスならではのスリムなボディーを手にすると…、それはまさにEOSのグリップ感。拍子抜けするほど違和感がありません。フルサイズ一眼からフルサイズミラーレスへのソフトランディングを目論むキヤノンですから、抜かりが無いのは当然です。これで一段、ハードルは超えました。

さてこの後も続いて、気になる各ポイントをチェックしていきます!
>>> 次回 Canon EOS R 1st レビュー Vol.2 -EVF-
<<< Nikon Z 7 1st レビュー Vol.1
<<< 前回 Google Home / Mini レビュー -外部スピーカー連携 その4-
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  2. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…
  3. 二月堂の絵馬

    2019-4-13

    RICOH GR III レビュー Vol.2

    身軽さ RICOH GR IIIを手に、お気に入りの場所へふらりと出かけました。行き先は東大寺。い…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る