Canon EOS R 1st レビュー Vol.6 -インターフェース その2-

EOS R_6

新しい2つのコントローラー

EOS Rから始まる、一眼のインターフェース革命。それは究極のユーザー・カスマイズ。その象徴となるのが、マルチファンクションバーとRFレンズ搭載のコントロールリングです。ファインダーから目を離さずに、どれだけ撮影パラメーターをコントロールできるか。その試みがこのバーとリングに集約されています。

マルチファンクションバー

従来の一眼レフとはここが違う!と、はっきりと感じ取れるのが、背面上に新設されたマルチファンクションバー。スライド&タップ操作という、まるでスマホライクな感覚で使用可能なショートカット・インターフェース。ISOやWBなどよく使うキーを自在に割り当てることが可能。ユーザーニーズに合わせてカスタム自由なマルチキーは、痒いところに手が届く手放せないファンクションになりそうです。

コントロールリング

従来の8ピンから12ピンとなり、その機動性と操作性を大きく前進させることを約束したRFマウント。その進化の一つがレンズに設けられた第3のダイヤル、コントロールリング。グリップ側の右手に集中していた様々な操作ダイヤルの機能を、左手側にも分散させることで、撮影パラメーター調整のトータル時間を大幅に縮めることが可能に。しかも、その調整量と撮影結果イメージをEVF内で逐一確認しながら撮影できるので、撮影プロセスの中での様々なタイムロスが減らせます。

RFマウントに込められた、数多くの設計意図と仕掛け。徐々にそのベールの向こうが見えてきました。
<<< 前回 Canon EOS R 1st レビュー Vol.5 -インターフェース-
<<< Nikon Z 7 1st レビュー Vol.1
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 北堀江の看板

    2019-6-10

    RICOH GR III レビュー Vol.13

    レンズ構成 今回の新型GR IIIでは、レンズの構成が変わりました。前衛機種GR IIの5群7枚か…
  2. GR III_6

    2019-6-7

    RICOH GR III レビュー Vol.12

    デザイン RICOH GR III のデザイン。初代GRから脈々と続く、この無骨とも言える独自のス…
  3. 黒部ダム

    2019-6-3

    黒部ダム

    最高峰の土木技術  日本で最も堤高(ダムの高さ)が高いダム、黒部ダム。建設作業に従事した作業員は述…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る