EOS RP

カジュアル・フルサイズ

かつて、キヤノンのカジュアル・フルサイズ一眼レフといえば、EOS 6Dでした。ハイアマチュア/プロ向けの大柄なフルサイズのジャンルに、”小型・軽量・リーズナブル”という新たなエントリーモデルとして登場した6Dは、遠い存在だったフルサイズ一眼レフを、一気に身近なものにしてくれました。そして今、フルサイズミラーレスの”小型・軽量・リーズナブル”。Canon EOS RPが新登場。

軽い!

小型・軽量にとことんこだわった、というだけに、EOS RPの本体重量は驚くほどの軽さ。フルサイズでありながら、なんと本体のみで約440g!。センサーサイズの小さなAPS−Cの一眼レフ、EOS Kiss X9i(約485g)よりも軽い、というのは一体ナゼ?

ポピュレール

RPの”P”はポピュレールのP。私が生まれる遥か昔、昭和35年に発売された大衆向け高級モデルのレンジファインダー機”P(ポピュレール)型”に由来します。この3月に登場するこのRPも同様に、本格派だけれども機動性が高い。良い写真の日常化において、軽さは正義なのです。

スペック

先に登場したEOS Rとの比較では、画素数、連写枚数、シャッター速度、ファインダー及び背面液晶の画素数など、そのスペックすべてが控えめですが、基本的にやれることは一緒。なので、現在EOS Rユーザーの私としても、RPは非常に気になる存在なのです。
>>> 新製品ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 二月堂の階段 2

    2019-5-18

    RICOH GR III レビュー Vol.11

    モノトーン RICOH GR IIIのカタログには、魅力的なモノトーン写真が数多く掲載されています…
  2. 羊

    2019-5-14

    めえめえ牧場の羊

    県立自然公園 先週末、絶好の行楽日和の中、放牧された羊たちに会いに行ってきました。場所は奈良県山添…
  3. 法善寺横丁

    2019-5-10

    RICOH GR III レビュー Vol.10

    スナップシューター スナップシューター、RICOH GR。スナップ写真に必要な要素をギュッと凝縮し…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る