構図の基本 -対角線構図-

2K540

GO icon

視線を誘う、対角線構図。

王道構図のうちの一つ「対角線構図」とは、画面の対角を結んだ斜めのラインを生かした構図です。
一般的な風景写真のように、水平線をキチッと出した安定感のある静的な構図とは異なり、画面に
方向性を与え、斜めのライン上に沿って視線を誘導する効果があります。

※ タイトル写真に対角線を表示するとこのようになります。

2K540_対角線

アスファルトにペイントされたアートワークの流れと方向性が明快になり、都市特有の人工的で
スタイリッシュな空気感を表現することができます。

建築物や人工物に有効。

また、画面を斜めに横切るラインの流れは、奥行感やダイナミックさを演出できるので、橋脚や
鉄道、ビルディングなどの建築物や人工物に向いています。下の写真はレインボーブリッジの夜景。

レインボーブリッジ 横位置

※ 対角線を表示するとこのようになります。

レインボーブリッジ 横位置_対角線

視線が手前から斜め奥まで自然に誘導され、レインボーブリッジの長さとダイナミックな表情を
演出することが可能になります。

 

スナップにも対角線構図。

では被写体は人工物だけなのか、というとそんなことはありません。たとえば、下の写真。

    上高地

          GO icon

普段なかなか見る機会のないアルプホルンですが、音楽隊が抱える木管が、画面奥から斜め前に
向かってグッ!と伸びたアングルで構図を押えることで、なんと3mを超える(!!)という驚きの
長さを画面から実感することができます。

このように風景やスナップでも、被写体や表現意図に合わせて対角線構図を意識すると、
画面に動きやダイナミックな流れが作り出せるのです。
>>> 構図の基本 -額縁構図-
<<< 構図の基本 -日の丸構図-
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
--------------------------------------------
< タイトル写真 > f/5 1/80秒 ISO3200 露出補正-0.3
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 50㎜
--------------------------------------------
>>> Camtips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 苔玉

    2018-12-15

    Canon EOS R レビュー -トーン-

    一新 1987年にEOS一号機が誕生して以来、30年以上もの歴史を積み重ねてきたEOSシリーズ。そ…
  2. EOS R_12

    2018-12-9

    Canon EOS R レビュー -サイレント撮影-

    中西 敏貴 Canon EOS Rの発売前に行われた、EOS R SYSTEM PREMIUM S…
  3. 朝の奈良公園2

    2018-12-2

    Canon EOS R レビュー -オートフォーカス Vol.2-

    デュアルピクセルCMOS AF 撮像センサー自体がAFセンサーという特性を持つ、デュアルピクセルC…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る