“花”を写す。 -マクロレンズで撮る その④ 角度-

紫陽花 三室戸寺

角度の重要性

”ピントの範囲は薄い膜”。 膜ということは平面です。三次元空間で平面を扱う場合、“面の角度”
が重要になります。焦点範囲の面の角度をコントロールすることで、ピントが合う被写体を、主役
だけにするか、脇役にもスポットを当てるのか、撮り手の意志で取捨選択することができるのです。

主役と脇役

前回のように主役の花のみに焦点を当てる場合、被写体の正面にカメラをセットしましたが、
タイトル写真のように、“花(主役)”と葉の上に落ちた“滴(脇役)”の両方に焦点を当てる場合は、
下図のような角度にカメラをセットする必要があります。脇役にもスポットを当てることで、花
自体の美しさに加えて、梅雨の季節のしっとりとした空気感を表現することができるのです。この
ように”ピントの膜”と“面の角度”を意識することで、表現の狙いがより多面的になってきます。

パターンB

複数の被写体

ピントの膜に触れる被写体が、複数でもOKとするならば、例えばこんな表現も。下の薔薇の写真の
ように、主役の薔薇の花の回りに伸びている小さな蕾たちがかわいらしいと思い、花も蕾も同一の
平面上に並ぶ角度で撮影。主役と脇役の関係にリズムが生まれ、かわいい写真に仕上がりました。
ピンクのバラ

---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
------------------------------------------
<タイトル写真> f/2.8 1/160秒 ISO200 露出補正-0.3
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 70㎜
------------------------------------------
>>> “ローキー”で撮る。
<<< 戻る “花”を写す。 -マクロレンズで撮る その③ 被写界深度-
--------------------------------------------
>>> Camtips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 本法寺

    2017-4-28

    京都 本法寺の桜

    静かな穴場 桜の季節の京都といえば、とにかく人、人、人。美しい季節に京都を訪れた私自身も、その人混…
  2. 21century

    2017-4-26

    金沢21世紀美術館 スイミング・プール

    オープンマインド 2004年に開館して以来10数年経った今でも、日本で屈指の人気を誇っているアート…
  3. LUMIX_4

    2017-4-24

    Panasonic LUMIX DMC-LX100 レビュー -操作性-

    即応性 絞り値、シャッタースピード、ISO感度、露出補正。出会った被写体を即座に、感じたまま写そう…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る