五劫思惟阿弥陀如来(ごごうしゆいあみだにょらい)

五劫思惟阿弥陀如来

京都 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の通称アフロ仏像。

“五劫思惟阿弥陀如来(ごごうしゆいあみだにょらい)”に会いに行ってきました。

JR東海「そうだ 京都、行こう。」のスタンプコレクションの絵柄にもなっている、非常に
個性的な姿をした阿弥陀仏の、その名前の由来が凄いのです。

永遠の時を数えてみる。

なぜこれほどまでに大きく広がった髪型であるかと言えば、気の遠くなる程の長い年月の間、
一体、どのようにしたら民衆を救えるだろうかと考え続け(思惟:しゆい)た結果、己の髪
(螺髪:らほつ)が伸び放題になった為なのだそうです。

その長い年月の単位が、“劫(こう、ごう)”。

巨石を撫でる衣の時間。

一劫とは、一辺160kmもの大岩の上に、三年に一度天女が舞い降りその衣で岩を一撫でし、
遂にはその岩が摩滅して無くなるまでの時間。

では、その果てしない時間が一体どれほどかといえば、なんと、一劫=43億2000万年!

つまり、五劫思惟といえば、216億年間、民衆救済について考え続けている…。その姿なのです!
これはもう天文学的数字としか言えません。

物理学を超えた世界。

しかし待てよ、宇宙の年齢は確か138億歳だったはず。ではビッグバンよりも前から…?
いや、仏の世界に物理の法則は関係ないのです
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
------------------------------------------
f/2.8 1/125秒 ISO100 露出補正-0.3
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 24㎜
------------------------------------------
>>> 古都、京都の雪月花。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  2. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…
  3. 二月堂の絵馬

    2019-4-13

    RICOH GR III レビュー Vol.2

    身軽さ RICOH GR IIIを手に、お気に入りの場所へふらりと出かけました。行き先は東大寺。い…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る