法起寺と柿

霧の後

この日の朝、奈良の町は一面霧に覆われていました。道路に出れば5m先の視界も怪しいほど。
霧がもう少し晴れてきてくれれば、写真にとっては大きな機会が巡ってきます。あまりに霧が濃す
ぎると、カメラに映るのはただの真っ白。形やシルエットは薄ぼんやりとしか分かりません。

自然の演出

一方、霧が晴れてくると、被写体のシルエットが徐々に見えてくる上、背景や前景に写ってしまう
電線や電柱など、風景のノイズとなる余計な要素が適度に見えなくなるので、味わい深い写真を
撮るのに好都合な自然現象なのです。

柿、発見

辺りを白くしていた霧の量が徐々に変化し始め、法起寺に到着する頃にはすっかり霧は消え去って
しまいました。タイミングを逸した…、と残念な気持ちでいたのですが、実に秋らしい風景に
出くわしました。秋といえば、そう、柿です!畑焼き後の畑の上にゴロゴロと赤い柿が転がって
います。食べなかったところを見ると、きっと渋柿だったのでしょう。でも、秋の色ですね。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
f2.8 1/640秒 ISO100 露出補正+0.3
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 35㎜
---------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 建仁寺

    2018-11-12

    Canon EOS R レビュー -高感度-

    阿吽の双龍 遥か上方を見上げると、そこには天井を覆い尽くす程巨大な一対の龍。漆黒の闇の中から突如浮…
  2. 般若寺のコスモス

    2018-10-29

    Canon EOS R レビュー -解像感-

    Rの絵 さて、Canon渾身の新製品、EOS Rの描き出す絵とは、一体どんなレベルなのでしょうか?…
  3. EOS R_13

    2018-10-27

    Canon EOS R レビュー -グリップ感-

    握る。 今、カメラ売り場を見渡すと、一眼レフからコンデジまで、様々な大きさ、様々な形状のカメラが市…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る