なるほど!自立一脚の使い方指南

standpod7

数年前から突如現れた撮影グッズの超新星、自立一脚!

先日とあるバラ園で、三脚を立てて花を撮影をしていたところ、一本足なのに自立している、
なんとも不思議な一脚を見かけ、これはどういうトリックだろう?と近づいてみて驚きました!
なんと、その自立した一脚の足元には、小さな三脚が足を広げているではありませんか!

一脚と三脚のいいとこ取り。

なるほど!これは一脚を改造した自作のアイデアかな?と思っていたら、なんとすでに製品
として発売されている新型の一脚ツールではないですか!(写真はSLIKのスタンドポッド7。)
確かに、街中での夜景撮りや、イベント会場での撮影など、三脚を広げるスペースが無い
シチュエーションはよくあります。また、単純に「かさばる三脚持ち歩くのしんどいなぁ…」
という思いも。

省スペース、コンパクトのナイスアイデア!

もちろん、ブレをガッチリ止める事は期待できませんが、手軽に持ち歩けてサッと使える
自立式一脚は、スペースが必要な三脚にはできない、新たな活躍の場を提供してくれそうです。

さてここで恒例、“私の一票!みんなはどう?” です。選択肢は以下の3つ。投票と同時に結果が
現れます!あなたの意見に近いもの(複数可)にチェックを入れて、投票(VOTE)をクリック!

 

使い心地のコメント、私なりの意見をぜひ!

投票結果いかがでしたか?、すでに手にしてもう使っているよ!という皆さん。実は前から気に
なっていた…。という皆さん!「一体どれくらいブレを抑えられるの?」とか、「こんな使い方が
お勧め!」
等、ぜひともレビューやコメントをしていただけませんか?あなたのご意見を、皆に
お伝えできる絶好の機会です!       ご意見、レビューは下記コメント欄へ、お気軽に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 北堀江の看板

    2019-6-10

    RICOH GR III レビュー Vol.13

    レンズ構成 今回の新型GR IIIでは、レンズの構成が変わりました。前衛機種GR IIの5群7枚か…
  2. GR III_6

    2019-6-7

    RICOH GR III レビュー Vol.12

    デザイン RICOH GR III のデザイン。初代GRから脈々と続く、この無骨とも言える独自のス…
  3. 黒部ダム

    2019-6-3

    黒部ダム

    最高峰の土木技術  日本で最も堤高(ダムの高さ)が高いダム、黒部ダム。建設作業に従事した作業員は述…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る