山田五平餅

日本の古い町並み

名鉄犬山線 犬山駅を下車して、一路犬山城へ。観光地図に書かれたルートに従って、駅前西口から
真っ直ぐに伸びる183号線沿いに歩いて行きます。「確かこの辺を右に折れるはずだったよなぁ…、」
と、元町の交差点を曲がってみると、突如現れてきた連子格子の町家が並ぶ、日本の古い町並み。

犬山城下町

木曽川を背に犬山城を北の端に置きつつ、南側へ真っ直ぐに貫く通りを整備して作られたのが、
犬山城下町。平成の現在も、江戸時代と同じ町割のまま、江戸から昭和にかけての建物が今も
残る、情緒たっぷりの町並みが、観光客の目を楽しませてくれます。

山田五平餅店の五平餅

通りをしばらく歩いていると、視線の向こうの小山の上に犬山城の天守が現れてきました。オォ…!
見えてきた!と思ったその辺りでふと右手を見ると、何やら香ばしい香りが…。犬山の観光情報では
必ず紹介されている、山田五平餅店です。店の前には5人ほど並んでいて、皆、串に刺したお団子型
の五平餅が焼き上がるのを待っています。早速その後ろに並び受け取った焼きたての五平餅がこちら。

特製タレ

熟練の技と直火の炙り加減で、匠のレベルでコントロールされたお焦げの仕上がり。おかげで食欲
回路のスイッチが速攻オン。いかがでしょうか、このシズル感!味噌をベースに、ゴマとくるみと
ピーナツが入った香り立つ甘みと旨さ。犬山に行ったらぜひとも一本!おすすめの五平餅です。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
--------------------------------------------
f2.8 1/60秒 ISO1000 露出補正+-0
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 45㎜
--------------------------------------------
>>> まち、あち、こち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. WF-1000X_4

    2017-9-22

    SONY WF-1000X 1st レビュー -使用性-

    ペアリング ワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンなどで煩わしいのがBluetooth接続時のペ…
  2. WF-1000X_2

    2017-9-19

    SONY WF-1000X 1st レビュー -バッテリー性能-

    使用時間 左右のイヤホンを繋ぎ、プレーヤーへと繋がるオーディオケーブル。この耳元から下がる煩わしい…
  3. WF-1000X_3

    2017-9-17

    SONY WF-1000X 1st レビュー -ノイズキャンセリング-

    完全ワイヤレスイヤホン KickStarter発の、EARIN M-1から始まった、左右独立型 完…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る