iphone6_lens

AF(オートフォーカス)の進化

iPhone 5、iPhone 5sに続いて、iPhone 6 / iPhone 6 Plusのメインカメラの解像度は800万画素
のまま据え置き。5枚構成のレンズ構造も、F2.2の明るさも変わりません。しかしカメラの心臓部
であるイメージセンサーを刷新してきました。AF(オートフォーカス)の進化です。

Focus Pixels

これまでのiPhoneシリーズに使われてきたAFは、”コントラストAF”。コンパクトデジカメ等で
使われている、ピントを探る時間がややモッサリ系の検出方式です。しかし、iPhone 6シリーズ
から採用されているのは、Appleが”Focus Pixels”と独自に呼んでいる、スピーディーなピント
検出方式。いわゆる「像面位相差AF」です。

磨かれた、iPhone 6 Plusのカメラ性能

”Focus Pixels”の効果は絶大で、ピント位置を決めてスクリーンにタッチした瞬間に焦点が合致
している。初めてiPhoneを操作した人にとっては、極当たり前の感覚かもしれませんが、タッチ
とほぼ同時に合焦しているこの気持ち良さ。5シリーズからの進化としてはとても大きいのです。
>>> 次回 Canon EF16-35mm F4L IS USM レビュー
<<< 前回 iPhone 6 / iPhone 6 Plus レビュー
--------------------------------------------
>>> iPhone 6 / iPhone 6 Plusのレビューはこちら!
------------------------------------------
f/7.1 1/5秒 ISO100 露出補正+-0
Canon EOS 6D レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 90㎜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. WF-1000X_4

    2017-9-22

    SONY WF-1000X 1st レビュー -使用性-

    ペアリング ワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンなどで煩わしいのがBluetooth接続時のペ…
  2. WF-1000X_2

    2017-9-19

    SONY WF-1000X 1st レビュー -バッテリー性能-

    使用時間 左右のイヤホンを繋ぎ、プレーヤーへと繋がるオーディオケーブル。この耳元から下がる煩わしい…
  3. WF-1000X_3

    2017-9-17

    SONY WF-1000X 1st レビュー -ノイズキャンセリング-

    完全ワイヤレスイヤホン KickStarter発の、EARIN M-1から始まった、左右独立型 完…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る