iPhone6_iPhone6Plus

この春、晴れてiPhoneデビュー!

ここへ来てまた寒さがぶり返し、春がやや遠のいてしまった感じもしますが、もう間もなく4月。
新しい期が始まります。そんな春の訪れを前に、スマートフォンを新しく切り替えました!
大人のブラックカラー、iPhone 6 Plus/スペースグレーです。

2つのiPhone。

iPhone 6 Plusは、これまで頑なに全世界統一規格仕様だった(5sと5cという例外はありますが)
iPhoneの歴史を大きく覆して登場した新世代の端末。昨年の9月、様々な話題を呼んでデビュー
したiPhone 6 / iPhone 6 Plusですが、そのスペックを見てみると、実に凡庸。

GALAXY Note Edgeとの比較で…

iPhone 6 Plusの仕様を見ると、5.5インチ1,920×1,080ドットのRetina HDディスプレイ。
光学式手振れ補正機能搭載、1080p HDビデオ撮影可能な、f2.2の800万画素のメインカメラ。
一方Androidのデカスマ、GALAXY Note Edgeというと、メインディスプレイは高精細な有機EL
5.6インチで、解像度は2,560×1,440。メインカメラはなんとiPhone 6の倍、1600万画素!

凡庸なスペックの裏に

高精細、高スペックのGALAXYの方が、数字的に全て勝っているのは事実。しかし、その凡庸な
数字の裏には、スペック表に示される数字の上下に踊らされない、実際の使い勝手で磨かれてきた、
各機能のブラッシュアップがあるのです。
>>> 続いて iPhone 6 / iPhone 6 Plus レビュー -カメラ性能-
<<< 前回 Canon EF24-70mm F2.8L II USM -質感表現-
--------------------------------------------
>>> iPhone 6 / iPhone 6 Plusのレビューはこちら!
------------------------------------------
f/22 1秒 ISO100 露出補正+1
Canon EOS 6D レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 90㎜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. GR III_3

    2019-4-21

    RICOH GR III レビュー Vol.5

    接写 RICOH GR IIIでは、これまでよりもさらに接写に強くなりました。GR IIの最短距離…
  2. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  3. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る