率川地蔵尊

猿沢池の暗渠(あんきょ)

奈良公園 興福寺の放生池、猿沢池。周囲約360mの池の周りをぐるりと回って歩いていると、池の
南のすぐ脇に小さな川の跡があるのが分かります。現在はコンクリートで埋設された暗渠(あんきょ)
になっていて、かつて川であった痕跡が残っています。その川の名前は率川(いさがわ)。

不思議な舟形

率川に架かっている石橋の上からその暗渠を眺めてみると、不思議な光景が目に入ります。川の中洲
が舟形に形作られ、その船の上には40体程の石仏が乗っています。幕末、河川工事の際に見つかった
石仏を集めてお祀りしたというのが、この率川地蔵尊(いさがわじぞうそん)。

前掛けの赤

大きな平船に乗った、それぞれの石仏に掛けられた前掛けの赤色が鮮やかに目に映り、とても印象的。
率川地蔵尊を眺めるちょうど真上にあたる石橋の欄干には、賽銭箱も取り付けられていて、暗渠まで
降りて行かなくても、橋の上からお参りすることが可能です。通りすがりではなかなか気づきにくい
場所にあるのですが、その姿を見ると、自然と手を合わせたくなる仏様たちなのです。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
f6.3 1/25秒 ISO100 露出補正-0.3
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 44㎜
---------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 上海のわんこ

    2017-4-22

    上海 広東路(グアントンルー)のわんこ

    精肉店の看板犬 上海市内の広東路(グアントンルー)を歩いていた時のこと。右からも左からも来る車とバ…
  2. Sony α9

    2017-4-20

    Sony α9(ILCE-9)

    Exmor RS 35mmフルサイズ イメージセンサーとしては世界で初めて採用する、積層型CMOS…
  3. 東寺の桜

    2017-4-17

    京都 東寺 五重塔と桜

    桜の京都 季節は春。毎年4月を過ぎる頃、京都の町は全域桜色に染まります。洛北から洛南、洛外に亘って…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る