長町武家屋敷跡

長町武家屋敷跡

加賀藩で代々奉行職を歴任してきた藩士、野村伝兵衛信貞。当時は一千坪もの広さを誇った屋敷で
あったそうですが、現在、武家屋敷の保存地区内に移築され、その屋敷跡を公開している野村家。
非公開の屋敷が多い中、長町武家屋敷跡で唯一邸宅の中まで拝見できる、とても貴重な場所です。

苔の緑

屋敷の中へと入り、説明員の方から「上段の間」や「謁見の間」の内装の装飾など、詳しい説明
を受けながら進んでいく途中、ふと回廊の外を見てみると、無造作に置かれた庭石の苔の緑が、
なんとも目に鮮やか。しかしよく見ると、その苔の上に何かサインが彫り込んであるのを発見。

目印

聞いてみると、これらの庭石はこの庭のために設えたものではなく、かつて金沢城を作る時に
使用した石垣の一部を持ってきたのだそう。このサインは、石垣工事の際に必要とした様々な
目印なのです。そして今、その刻印を、敢えて見せるように庭石を配置。そのおかげで、深みの
ある日本庭園の光景に、リズミカルで軽快な空気感が加わった洒落っ気に、心が惹かれました。
>>> まち、あち、こち。
------------------------------------------
f/5.6 1/50秒 ISO200 露出補正+-0
Canon EOS 40D レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM 30㎜
------------------------------------------

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る