砂ずりの藤

春の色

春は花。花は色。そうです、春は様々な色が芽吹く時。5月を過ぎる頃になると、ハイキングの
途中、フッと華やいだ香りが目の前をよぎる瞬間があります。おや?と思って周囲に目を配って
見るとそこに見えているのは紫色の淡い花、藤の花です。

砂ずりの藤

ゴールデンウィークに入ると、毎年思い出して足を向けるのが、砂ずりの藤。奈良、春日大社の
境内にある樹齢800年とも言われている藤棚のことです。こちらの藤、穂先が長く伸びるという
ことで有名で、かつては地面の砂を擦るほどだったことから、この名前がつけられました。

穂先の長さ

長い樹齢のせいなのか、砂を擦るほどまで伸びている様子を見たことがありませんが、それでも
やはり今年も見に行ってしまいました。春日大社の場合はこの美しい藤だけでなく、朱塗りの社、
青銅色に色褪せた吊り灯籠など、日本の美を感じさせてくれる素敵な和の景色が、あちこちに
あるのです。考えてみるとその美しい風景こそが、私を毎年ここへと誘ってくれる理由なのです。
>>> 花鳥風月、奈良の色。
--------------------------------------------
f8 1/30秒 ISO100 露出補正+0.3
Canon EOS 6D レンズ: EF70-200mm F2.8L USM 170mm
--------------------------------------------

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  2. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…
  3. Nikon Z7

    2018-10-6

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.5 -デザイン-

    Z 7のデザイン 削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nik…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る