砂ずりの藤

樹齢700年

奈良の世界遺産のうちのひとつ、春日大社。こちらで最も有名な花が“砂ずりの藤”。境内の中に
作られた藤棚に咲き、花房が1m以上も長くなることがあり、地面の砂に擦れるほど、という話
から、この名前が付けられました。古い歴史を持つこの藤の樹齢はなんと700年以上!

藤の長さ

藤棚の高さは2mほどあり、実際に砂に擦るほどの長さまで育った藤を未だ見たことはありません。
いやそれどころか、年々長さが短くなってきているように思われます。今年の藤もまた例年同様
長さは今一つ。巫女さんたちも腰を屈めることなく、藤棚の下を行き来しています。

朱色と藤色

とはいうものの、春日大社の回廊を背景に見る藤の鮮やかさは、ここでしか見れません。美しい
朱色と咲き立ての藤の紫色とのコントラストは、世界のどこにもない日本の色。世界遺産の地で
見るからこそ、この色彩には貴重な価値があるのです。

------------------------------------------
f2.8 1/160秒 ISO100 露出補正+0.3
Canon EOS 6D レンズ: EF70-200mm F2.8L USM 100mm
------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 砂ずりの藤

    2017-5-14

    奈良 春日大社 砂ずりの藤

    春の色 春は花。花は色。そうです、春は様々な色が芽吹く時。5月を過ぎる頃になると、ハイキングの途中…
  2. α6000_1

    2017-5-12

    SONY α6000 レビュー

    APS-C ミラーレスのベストセラー 巷で数ある、レンズ交換が可能な一眼レフ/一眼ミラーレスの中で…
  3. 奈良公園の桜と鹿_2

    2017-5-7

    奈良公園 茶山園地の奈良九重桜(ならのここのえざくら)と鹿

    桜の終盤 先月の下旬頃、奈良公園の桜ももう終盤にさしかかっているとのお知らせが、桜の見頃サイトでア…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る