喜光寺の蓮

西ノ京 三ケ寺

7/1から8/25まで、奈良 西ノ京の三ケ寺(喜光寺/薬師寺/唐招提寺)で行われている蓮の催し、
ロータスロード真っ最中。期間中は、それぞれのお寺で蓮の見せ方も色々。三ケ寺のうちのひとつ、
喜光寺では鉢に植えた蓮を、本堂西側の境内に約二百鉢!ずらりと並べています。

台風明けの週末

訪れたのは7月初旬。台風が抜けた後の週末だったので、朝からすっかり晴れ上がり、晴天に
恵まれました。ところが、大雨の後だったためでしょうか、二百ある鉢の中で、花を咲かせて
いたのはほんの数えるほど。喜光寺の蓮を見に来て、こんなに数少なかったのは初めてでした。

残った蓮 

しかし、その残された蓮はどれも元気。黄色い八重の白万々(ハクマンマン)や白地にピンクの
覆輪が美しい瑞光蓮。そしてタイトル写真の古代蓮。透き通るような透明感のあるピンクの
花びらが目に飛び込み、思わずレンズを向けました。生命感溢れる美しさ。妖艶な咲き姿でした。

---------------------------------------------
f/2.8 1/1600秒 ISO200 露出補正+0.7
Canon EOS 6D レンズ: TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO1:1 90㎜
---------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る