神戸 異人館 うろこの家 王家の橇(そり)

dragon

ドラゴン

神戸 北野の異人館の中でも特に有名な館が、うろこの家。特徴的でかわいらしい天然スレート石
を外観に用いた独特の存在感が人気の秘密。うろこの家に訪れてみると、家全体から醸し出されて
いる異国情緒はやはり特別。凝った内装などを見ながら二階へと足を向けました。

サンルーム

階上へと上がり、左右の部屋へと目を移すと、どちらの部屋の中も調度品のような家具が設えて
あり、贅沢な雰囲気で溢れています。そして、神戸の港が見える南側の部屋へと足を向けると、
その部屋はサンルームのような場所。太陽の光が降り注ぐ、一面窓に覆われた暖かい部屋です。

王家の橇(そり)

その部屋の西側に置かれていたのがこのドラゴン。この彫刻は橇の船首部分に施されていたもの。
そばにあった解説には「王家の橇(そり)」と書かれていて、こちらも調度品のうちの一つなの
でしょうが、でもなぜ神戸の異人館に橇?理由はわかりませんが、この彫刻を見ていると、ふと
その視線の先にある神戸の空の方へと、視線が促されてしまうのです。
>>> まち、あち、こち。

---------------------------------------------
f4 1/800秒 ISO200 露出補正+0.3
SONY NEX-5 レンズ:E18-55mm F3.5-5.6 OSS 18㎜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る