鳳凰

鳳凰堂の屋根

京都 平等院 鳳凰堂を訪れた時の事。堂内の見学時間までやや間があったので、阿字池の周囲を
ゆっくりと歩いて回っていました。阿字池に映り込む鳳凰堂の壮麗な姿を見て、シンメトリーの
美を堪能した後、西側から眺めていると、鳳凰堂の屋根の上に立つ鳳凰の姿が目に留まりました。

鳳と凰

二体一対の鳳凰。一般に、伝説上の霊獣である鳳凰とは、鳳と凰の二種類がいるとのこと。その二体
実は、鳳(ほう)は雄、凰(おう)は雌。二体は完全な対称形に見えるのですが、境内に併設されて
いる、平等院ミュージアム鳳翔館に展示してある先代の鳳と凰を見ると、若干首の上下の向きと視線
の位置が違って見えました。ちなみに、ここ鳳凰堂の鳳凰には雌雄の区別はないそうです。

麒と麟

さてもう一つ、なんと同じく古代中国の伝説上の霊獣である麒麟にも雌雄があったのです!
麒(き)が雄で、麟(りん)が雌。その姿は鹿、顔は龍、尾は牛で脚の蹄は馬という麒麟。一千年を
生き、その蹄の跡は正確な円を描く(Wikipediaより)という不思議な霊獣。もしかしてもののけ姫
に出てきたシシ神さまの姿って、麒麟なのかな?
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
f8 1/500秒 ISO200 露出補正+0.7
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 45㎜
---------------------------------------------
>>> 古都、京都の雪月花。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  2. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…
  3. Nikon Z7

    2018-10-6

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.5 -デザイン-

    Z 7のデザイン 削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nik…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る