京都 南禅寺 天授庵の紅葉

南禅寺の塔頭(たっちゅう)、天授庵。

紅葉の時期になると、南禅寺にはいつも訪れているのですが、去年11月はその塔頭のうちのひとつ、
“天授庵”を訪れました。
方丈前庭では、おおらかな砂紋の流れが心地良い枯山水を背景に、対岸一面鮮やかなオレンジ色に
染まった紅葉が目の前で揺らぎ、その美しい様を静かに眺めていました。

池泉回遊式の書院南庭へ。

その後、書院南庭へ。
日陰の鄙(ひな)びた雰囲気の山門をくぐると、池泉回遊式庭園が現れます。
先ほどの方丈庭園では、楓がオレンジから赤に変わりつつありましたが、こちらの楓はというと、
薄緑から黄色へと変わるところ。
池中央の木橋に向かって、大きく枝を張り出した楓の下には、鯉が優雅に水中を舞っています。

水面に舞い落ちた紅葉。

右に、左に、静かに揺れながら泳ぐその姿をしばらく眺めていると、頬にふわっと一陣の風。
はらはらと、色とりどりの楓の葉が水面に落ちます。
見ればそこに、美しい日本の秋の絵が完成していました。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
------------------------------------------
f/2.8 1/80秒 ISO400 露出補正+-0
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 50㎜
------------------------------------------
>>> 古都、京都の雪月花。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 建仁寺

    2018-11-12

    Canon EOS R レビュー -高感度-

    阿吽の双龍 遥か上方を見上げると、そこには天井を覆い尽くす程巨大な一対の龍。漆黒の闇の中から突如浮…
  2. 般若寺のコスモス

    2018-10-29

    Canon EOS R レビュー -解像感-

    Rの絵 さて、Canon渾身の新製品、EOS Rの描き出す絵とは、一体どんなレベルなのでしょうか?…
  3. EOS R_13

    2018-10-27

    Canon EOS R レビュー -グリップ感-

    握る。 今、カメラ売り場を見渡すと、一眼レフからコンデジまで、様々な大きさ、様々な形状のカメラが市…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る