京都 角屋

京の揚屋

京都の下京区に位置するかつての花街、島原。花街で社交遊宴を受ける際、揚屋と置屋にお世話に
なります。置屋では、太夫や芸妓を抱えて宴席の場を待ちます。揚屋はその舞台。お酒や食事で
お客をもてなし、太夫や芸妓を呼んで宴会を盛り立てます。

現存唯一の建築

こちら角屋(すみや)は、日本に唯一残る揚屋建築の遺構。当然、国の重要文化財に指定されて
います。幕末には、西郷隆盛や、久坂玄瑞などがたびたび訪れたという、揚屋の中でも特に格式
の高い場所。使い込まれた板敷の風合いが、その歴史の深さを感じさせます。

新緑の中庭

写真は、奥の大座敷へと向かう途中の中庭。どうでしょう。直角に曲がる角地を含めて、中庭の
眺めを遮るような柱がありません。だからこそこの解放感。決して広くはない中庭ですが、目の
前に広がる新緑のパノラマ。ちょっとここで腰掛けて、水まんじゅうなどいただきながら、しばし
時を忘れるのもいいものです。京都の美の奥には、それとは分からない仕掛けが隠されています。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF16-35mm F4L IS USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
f4 1/60秒 ISO200 露出補正+-0
Canon EOS 6D レンズ: EF16-35mm F4L IS USM 16㎜
---------------------------------------------
>>> 古都、京都の雪月花。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 建仁寺

    2018-11-12

    Canon EOS R レビュー -高感度-

    阿吽の双龍 遥か上方を見上げると、そこには天井を覆い尽くす程巨大な一対の龍。漆黒の闇の中から突如浮…
  2. 般若寺のコスモス

    2018-10-29

    Canon EOS R レビュー -解像感-

    Rの絵 さて、Canon渾身の新製品、EOS Rの描き出す絵とは、一体どんなレベルなのでしょうか?…
  3. EOS R_13

    2018-10-27

    Canon EOS R レビュー -グリップ感-

    握る。 今、カメラ売り場を見渡すと、一眼レフからコンデジまで、様々な大きさ、様々な形状のカメラが市…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る