LEICA M10

33.75mm

本体ボディの厚みがフィルム世代のM型ライカとほぼ同じ!画素数でもなく、高感度でもなく、
”キャビティーの厚み”がこの新型カメラの最大のトピックであるというところが、人間工学に
基づいて設計されたライカらしいところ。そのこだわりのカメラの名は、Leica M10

カメラ・オンリー。

Leica M10はカメラ・オンリー。今時のデジタルカメラには必須の機能である動画機能は
ありません。静止画撮影機能のみ。ライカを選択する人にとっては特別なことではなく、むしろ
ライカで動画を撮れる機種があったのだ、という思いかもしれません。

マニュアル操作

ボディ天面に配置されたISO感度とシャッタースピードダイアル。レンズ鏡筒部にはフォーカスと
絞り値リング。そのどれもが電源を入れていなくてもコントロール可能。その使い勝手はフィルム
世代と変わることがありません。それでいて、ISO50,000の高感度撮影や5コマ/秒の高速連写を
実現。デジタル技術の進化は着実に行いながら、直感操作は踏襲。カメラらしさはそのままです。
-----------------------------------------
>>> 新製品ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. EOS RP

    2019-2-16

    Canon EOS RP

    カジュアル・フルサイズ かつて、キヤノンのカジュアル・フルサイズ一眼レフといえば、EOS 6Dでし…
  2. 紫紺野牡丹_

    2019-2-9

    紫紺野牡丹(シコンノボタン)

    祇園の紫 去年、京都 祇園を訪れた時のこと。お昼をどこで食べようかと花見小路通を行ったり来たりして…
  3. 帝釈天

    2019-2-3

    Canon EOS R レビュー -質感表現-

    レンズとカメラの新しい関係 キヤノン初のフルサイズ・ミラーレスは何もかもが新しい。新設計のカメラに…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る