フラメンコダンサー

アンダルシア グラナダ

スペイン アンダルシア地方、グラナダ。フラメンコが生まれたこの土地では、古くから伝わる洞窟
タブラオがあります。タブラオとは、フラメンコを舞うための板張りの舞台があるスペイン酒場の事。
そして、かつて流浪の民が洞窟を住居としていた場所を舞台としたのが、洞窟タブラオ。

サクロモンテの丘

アルハンブラ宮殿を見学したその夜、宮殿を一望できるというサクロモンテの丘へ向かいます。そこ
にある洞窟タブラオのひとつ、“LOS TARANTOS”で初めて本場のフラメンコを目にしました。午後
8:30からショーが始まりますが、舞台と客席の一部が同じフロアー!あまりの近さに驚きました。

眼力

ショーの始まりは、大ベテラン(おばあさん)からスタートします。激しいステップはないものの、
長年タブラオで培ってきた独特の“間”が、場の空気を引き締めます。その間、若手の踊り子は壁際の
椅子に座り手番を待ちます。写真手前から、トケ(ギター)、カンタオール(男性の歌い手)、
そしてバイラオーラ(女性の踊り手)が二人。そのうちの一人が、カメラを構える私に向かって、
鋭くも力強い視線を送っています。出番の前に高まる集中力を妨げられたせいかもしれません。

---------------------------------------------
f/5.6 1/20秒 ISO1000 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 70㎜
---------------------------------------------
>>> Wonder Trip !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 上海のわんこ

    2017-4-22

    上海 広東路(グアントンルー)のわんこ

    精肉店の看板犬 上海市内の広東路(グアントンルー)を歩いていた時のこと。右からも左からも来る車とバ…
  2. Sony α9

    2017-4-20

    Sony α9(ILCE-9)

    Exmor RS 35mmフルサイズ イメージセンサーとしては世界で初めて採用する、積層型CMOS…
  3. 東寺の桜

    2017-4-17

    京都 東寺 五重塔と桜

    桜の京都 季節は春。毎年4月を過ぎる頃、京都の町は全域桜色に染まります。洛北から洛南、洛外に亘って…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る