フラメンコダンサー

アンダルシア グラナダ

スペイン アンダルシア地方、グラナダ。フラメンコが生まれたこの土地では、古くから伝わる洞窟
タブラオがあります。タブラオとは、フラメンコを舞うための板張りの舞台があるスペイン酒場の事。
そして、かつて流浪の民が洞窟を住居としていた場所を舞台としたのが、洞窟タブラオ。

サクロモンテの丘

アルハンブラ宮殿を見学したその夜、宮殿を一望できるというサクロモンテの丘へ向かいます。そこ
にある洞窟タブラオのひとつ、“LOS TARANTOS”で初めて本場のフラメンコを目にしました。午後
8:30からショーが始まりますが、舞台と客席の一部が同じフロアー!あまりの近さに驚きました。

眼力

ショーの始まりは、大ベテラン(おばあさん)からスタートします。激しいステップはないものの、
長年タブラオで培ってきた独特の“間”が、場の空気を引き締めます。その間、若手の踊り子は壁際の
椅子に座り手番を待ちます。写真手前から、トケ(ギター)、カンタオール(男性の歌い手)、
そしてバイラオーラ(女性の踊り手)が二人。そのうちの一人が、カメラを構える私に向かって、
鋭くも力強い視線を送っています。出番の前に高まる集中力を妨げられたせいかもしれません。

---------------------------------------------
f/5.6 1/20秒 ISO1000 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 70㎜
---------------------------------------------
>>> Wonder Trip !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Bowers & Wilkins PX

    2018-1-21

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー

    Bowers & Wilkins ジョン・バウワースとロイ・ウィルキンスにより設立された、…
  2. 電動バイク

    2018-1-19

    上海の電動バイク

    電動バイク 上海市内で路上を走る車両を見ると、アジアの国らしくバイクの大群をよく見かけます。信号待…
  3. 居囃子

    2018-1-15

    川越 居囃子(いばやし)

    川越 東京都心から一時間弱。江戸、明治、大正、昭和の時代の面影が今も残る街、川越。中でも蔵造りの商…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る