“ローキー”で撮る。 ①

喜光寺の水連

ハイキーの狙い、ローキーの意図

明るく爽やかな印象の「ゆるふわフォト」。露出を意図的にプラス側へ補正することで、ふわっと
透明感のある“ハイキー”な表現を狙います。反対に露出を意図的にマイナスに振り、画面に重厚さ
と渋い雰囲気を与えるのが“ローキー”。適正露出から敢えてプラスやマイナスに振ることで、写真
表現に自分独自の演出を加えることができます。

主役を浮かび上がらせる。

ローキーな写真で何を表現するのか?そのひとつに、アンダートーンの背景の中から主役を浮かび
あがらせる、という効果が挙げられます。例えばタイトル写真のように、黒に近い背景をバックに、
純白の水連を写した写真は、正にそのシチュエーション。背景の岩肌を限りなくブラックトーン
の中に沈めることで、水連の白い花びらの儚さと透明感をより一層際立たせています。

空気感。

ハイキーでもローキーでも、露出をコントロールした写真でなによりも重視したいのが「空気感」。
ハイキー写真では“光”が感じられる爽やかな空気感を。ローキー写真では“時の流れ”を感じるよう
なしっとりとした空気感を。適正な露出を考え、被写体の色を正確に再現する技術を身に着けたら、
今度は露出を意図的にコントロールして、新たな写真表現を楽しんでみてはいかがでしょうか?
------------------------------------------
f2.8 1/320秒 ISO100 露出補正+-0
Canon EOS 6D レンズ: EF70-200mm F2.8L USM 140mm
------------------------------------------
>>> “ローキー”で撮る。 ② -質感表現ー
<<< “花”を写す。 -マクロレンズで撮る その④ 角度-
------------------------------------------
>>> Camtips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ウィーディーシードラゴン

    2017-8-19

    サンシャイン水族館 ウィーディーシードラゴン

    馬か竜か? こちらの写真は、サンシャイン水族館で撮影したウィーディーシードラゴン。オーストラリアに…
  2. α6000_5

    2017-8-11

    SONY α6000 レビュー -オートフォーカス-

    0.06秒 シャッターボタンを半押しして、一瞬でピントが合うこの気持ちよさ。そのスピード、なんと0…
  3. 南京西路

    2017-8-9

    上海 南京東路(ナンジンドンルー)

    外灘のメインストリート 人民公園広場から外灘まで続く、上海を代表するメインストリートが南京東路(ナ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る