明月院の紫陽花

北鎌倉で最も紫陽花が有名な古刹、明月院(めいげついん)。

訪れたのは一昨年の夏。
紫陽花が花開くシーズン真っ只中の頃だったので、とにかく朝一番に鎌倉へ!と心勇んで出発。
明月院は9時開門ということだったので、朝8時には北鎌倉の駅に到着!ちょっと早かったかな?
などと思っていたら大間違い!明月院へと向かう道には、すでに長い人の流れができていました…

開門時間前なのに、すでに出遅れ…

そうか、観光シーズンだから開門時間を早めていたんだ…。と思いましたが時すでに遅く、入り口
には行列ができています。ようやく境内に入ると、中は人でいっぱい。さすが鎌倉を代表する
紫陽花寺のひとつ。ゆっくりと紫陽花を楽しむためには、なるべく早い時間帯にいかなくては…
との思いは皆同じ。結局紫陽花を見るというより、人の頭を見に来たという方が正しいような状態。

石段脇の紫陽花も

明月院の紫陽花といえば最も有名な、山門へと続く石段の両脇を彩る紫陽花の景色も、当然人人人。
あぁ、人しか写らない…、そんな人の群れのうちの一人が自分なのですが、人間の意識というのは
身勝手なものです。潔ぎよく撮影は諦めて石段を上り、山門のところまで来た時です。

ジャパーニュ ミカコ

山門の柱に活けられた、紫色の覆輪が爽やかな紫陽花。ジャパーニュ ミカコでしょうか。初夏の
朝日を受けて輝く姿はとても涼しげ。この爽やかな紫陽花に出会えただけで、この人ごみの中、
明月院に来たかいがあったと思ったのでした。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
-----------------------------------------
f3.5 1/400秒 ISO800 露出補正+-0
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 41㎜
------------------------------------------
>>> まち、あち、こち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 北堀江の看板

    2019-6-10

    RICOH GR III レビュー Vol.13

    レンズ構成 今回の新型GR IIIでは、レンズの構成が変わりました。前衛機種GR IIの5群7枚か…
  2. GR III_6

    2019-6-7

    RICOH GR III レビュー Vol.12

    デザイン RICOH GR III のデザイン。初代GRから脈々と続く、この無骨とも言える独自のス…
  3. 黒部ダム

    2019-6-3

    黒部ダム

    最高峰の土木技術  日本で最も堤高(ダムの高さ)が高いダム、黒部ダム。建設作業に従事した作業員は述…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る