ミハスの闘牛場

地中海の白い村 Mijas(ミハス)

スペイン、太陽海岸。地中海を望む山腹の斜面に佇む美しい白い村、ミハス。この小さな村の丘の
上に、スペインで、いえ、世界で一番小さな闘牛場があるのです。石造りの細い坂を上っていき、
”Plaza de Toros(闘牛場)”と描かれた看板の向こうに、この闘牛場はありました。

25mプール

入口で入場料を払い、闘牛場に入ると、確かに小さい!25mプールぐらいしかないんじゃないか?
と思うほど場内は小ぢんまりとしているのです。怒れる牛に対峙するマタドールにとってこの場内
の狭さは、途方もないプレッシャーになるのでは?と心配になるほど。

”MD”の謎

場内の端には、牛の攻撃を一時的に退避するための分離壁が用意されています。写真はその壁面。
牛のシルエットが描かれた客席の壁に、分離壁に描かれた”MD”の文字。”M”はおそらくMijasのM。
では”D”は? …いまだにそれが分からないのです。しかし、牛の周囲の象形文字のようなアート
ワークに牛とMDのシンプルなグラフィック。なんだか異国の文化を感じるクールなペイントを
見て、思わずシャッターを切ったのです。

------------------------------------------
f/10 1/160秒 ISO400 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 85㎜
--------------------------------------------
>>> Wonder Trip !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る