ガレリア

ミラノの中心

イタリア ミラノの中心に位置する大聖堂広場。広場の正面には、ミラノ大聖堂(ドゥオーモ)が
数限りない白亜の尖塔を、天に向かって突き上げている姿を目にすることができます。その威容を
前にして、美しいドゥオーモの荘厳な姿をしばらく眺めてましたが、ふと広場の左手に目をやると、
まるで小さな凱旋門のような姿をしたアーケードの入り口があることに気が付きました。

十字のアーケード

南側に位置する大聖堂広場と、北側に位置するスカラ座の間を結び、その中心で十字に分かれる
巨大なアーケード。ガレリア・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 (GalleriaVittorio
Emanuele ll)です。これが本当に街中のアーケード?天井の四方を飾る美しいフレスコ画を
見上げていると、まるで美術館の中にいるとしか思えません。

ガラスの天井

アイアンとガラスで構成された天井のドームは、伝統的な教会のようでもあり、近代的な建築の
要素を兼ね備えた、見ごたえあるアーキテクチャー。クラシックとモダンが見事に融合している
イタリアの美意識の結晶です。この見事な建築が140年前に建てられたというのだから驚きです。
---------------------------------------------
f5.6 1/200秒 ISO80 露出補正+-0
SONY DSC-T9 レンズ: Carl Zeiss Vario-Tessar 6㎜
---------------------------------------------
>>> Wonder Trip !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 建仁寺

    2018-11-12

    Canon EOS R レビュー -高感度-

    阿吽の双龍 遥か上方を見上げると、そこには天井を覆い尽くす程巨大な一対の龍。漆黒の闇の中から突如浮…
  2. 般若寺のコスモス

    2018-10-29

    Canon EOS R レビュー -解像感-

    Rの絵 さて、Canon渾身の新製品、EOS Rの描き出す絵とは、一体どんなレベルなのでしょうか?…
  3. EOS R_13

    2018-10-27

    Canon EOS R レビュー -グリップ感-

    握る。 今、カメラ売り場を見渡すと、一眼レフからコンデジまで、様々な大きさ、様々な形状のカメラが市…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る