Geo-Cosmos

巨大な地球儀

日本科学未来館を象徴するシンボルといえばやはりこの地球儀。その大きさ、なんと直径約6m!
有機ELパネルを10,362枚使った、直径約6mの“Geo-Cosmos”。日本科学未来館の1階シンボル
ゾーンから、または3階、5階からはより間近に迫って見ることができます。

球体映像

Geo-Cosmosは、他にはない球体の映像ディスプレイ。衛星軌道上を回る気象衛星から取り込んだ
地球の姿をそのまま映し出す、新感覚の映像地球儀。地球丸ごと撮影された、早送りで移動する
大気の流れを見ていると、我々の母なる地球は生きているんだ…、と実感せざるを得ないのです。

宇宙のサファイア

煌めくその姿を前にすると「美しい」という感情が、ごく自然に心の内から沸き起こってきます。
たとえばもしも今、周囲には何もない漆黒の宇宙空間の中にいて、このサファイアのように輝く
地球の姿を目にしたとしたら…
それは正に、奇跡としか言いようのない光景として、心を捉えて離さないでしょう。
---------------------------------------------
f5.6 1/320秒 ISO800 露出補正+0.3
SONY NEX-5 レンズ:E18-55mm F3.5-5.6 OSS 35㎜
---------------------------------------------
>>> 東京スナップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. EOS R_12

    2018-12-9

    Canon EOS R レビュー -サイレント撮影-

    中西 敏貴 Canon EOS Rの発売前に行われた、EOS R SYSTEM PREMIUM S…
  2. 朝の奈良公園2

    2018-12-2

    Canon EOS R レビュー -オートフォーカス Vol.2-

    デュアルピクセルCMOS AF 撮像センサー自体がAFセンサーという特性を持つ、デュアルピクセルC…
  3. EOS R_11

    2018-11-25

    Canon EOS R レビュー -オートフォーカス-

    AF比較 現役第一線の一眼レフと、新参者のミラーレス。それぞれ構造的には全く異なるオートフォーカス…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る