tamashigi

玉鴫(タマシギ)の親子

ホテイアオイが美しく花を咲かせるこの季節、水田一面を薄紫色に染める、奈良 本薬師寺跡で、
あの玉鴫(タマシギ)の親子にまた会えるかなぁ…、と思いを馳せていました。そこで、橿原市の
サイト”かしはら探訪ナビ”のホテイアオイ開花情報を見てみるとちょうどいい頃合い。

 ホテイアオイ

猛暑日は去ったとはいえ、今まだ夏の後半。気温が高くなる前に撮影したい!と思い、朝7時に
本薬師寺跡に到着しました。すると、水田に中に浮かんだホテイアオイの花のほぼ全てが、小さく
蕾んでしまっている!気まぐれな花なので、今日はダメか…と思ってあぜ道を歩いていました。

撮影陣

ふと向こうの水田を見てみると、巨大な望遠レンズを携えたアマチュア撮影陣が並んでいます。
今年はそこか!と向かってみると、いました!玉鴫(タマシギ)の親子。三羽の子供達を連れて
お母さんを先頭に餌探し。気がつけば周囲のホテイアオイもすっかり花を開かせていて、撮影の
舞台はすっかり整っていたのです。よかった、また今年も会えた!
--------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
---------------------------------------------
f2.8 1/1000秒 ISO100 露出補正+0.3
Canon EOS 6D レンズ: EF70-200mm F2.8L USM 195mm
--------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Bowers & Wilkins PX

    2018-1-21

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー

    Bowers & Wilkins ジョン・バウワースとロイ・ウィルキンスにより設立された、…
  2. 電動バイク

    2018-1-19

    上海の電動バイク

    電動バイク 上海市内で路上を走る車両を見ると、アジアの国らしくバイクの大群をよく見かけます。信号待…
  3. 居囃子

    2018-1-15

    川越 居囃子(いばやし)

    川越 東京都心から一時間弱。江戸、明治、大正、昭和の時代の面影が今も残る街、川越。中でも蔵造りの商…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る