タマシギの親子

ホテイアオイ

暑さのピークも去り、そろそろ本薬師寺のホテイアオイが満開を迎える頃になりました。ホテイ
アオイの花の咲き方は前日の天気や、その日の日差しなどによって気まぐれだと言われています。
前の日はやや晴れ。この日も午前中は晴れとのことなので、朝早いうちに行ってきました。

気まぐれな花

本薬師寺に到着しさっそく水田に向かうと、なんと驚くことに、ホテイアオイのほとんど全ての花
がしぼんでいたのです!これは確かにきまぐれだなぁ…、と半ば感心してしまいました。当然、
水田の周囲には見に来ている人もいません。がっかりして駐車場に戻ろうかと思った時、ちょっと
離れた向こう側の水田に、三脚を立ててカメラを構える人たちが何かを狙っています。

玉鴫(タマシギ)

近くまで行ってみると、皆、水田を散歩するこの玉鴫(タマシギ)の親子を撮影していたのです。
親鳥一羽に雛鳥が五羽。見ると一羽だけいつも群れから遅れがち。あっちへうろうろ、こっちへ
うろうろ、群れからどんどん置き去りにされています。しかし、雛鳥も体の大きさだけを見れば
親鳥にひけをとりません。親鳥の真似をしながら一生懸命タニシを探していました。
---------------------------------------------
f2.8 1/500秒 ISO100 露出補正+0.7
Canon EOS 6D レンズ: EF70-200mm F2.8L USM 200mm
------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  2. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…
  3. Nikon Z7

    2018-10-6

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.5 -デザイン-

    Z 7のデザイン 削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nik…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る