D500

待ちに待ったフラッグシップ

ニコンより、待ちに待ったAPS-Cの新たなフラッグシップ、D500が誕生。
何といっても、DXフォーマットでは長らく欠番だったあの100番台の復活が大きなトピック。
D200、D300の後に来た最新モデルは、400を飛び越えてのD500。名前の響きとキレがいい。

対 EOS 7D Mark II

フラッグシップに相応しい驚異の連写性能はなんと約10コマ/秒。永遠のライバル、Canon
EOS 7D Mark IIの連写性能と数字をぴったり合わせて来ました。更に背面液晶はチルト式&
タッチパネルを採用し、BluetoothやNFCに対応するなど、先進一眼レフとしての新たな
ステージに突入しています。

ニコンユーザーも納得

D300の後継機はもう出ないのか…と諦めかけ、7D Mark IIへと気持ちが傾きかけた多くの
ニコンファンも十分に納得させる内容の、満を持したパワフルな一眼レフの誕生です。
------------------------------------------
>>> 新製品ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. GR III_3

    2019-4-21

    RICOH GR III レビュー Vol.5

    接写 RICOH GR IIIでは、これまでよりもさらに接写に強くなりました。GR IIの最短距離…
  2. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  3. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る