Nikon Z7

Z 7のデザイン

削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nikon Z 7/Z 6シリーズのデザインは、何を目指したのか?一眼レフのD5やD850に見られるような、オーガニックなデザインとは一線を画しているのは一目瞭然。

寡黙な道具。

Z 7を手に取ると、コンパクトなボディにもかかわらず、機能が詰まった高性能な凝縮感が感じられます。好印象なグリップのホールド感を始め、各種のキー/ダイヤルが適材適所に配置され、あらゆる機能を手の中で操る楽しさを感じさせてくれる、ニコンらしい”道具としてのカメラ”をしっかりと形で伝えています。

伝統と革新

D850のようなアクティブで動的なデザインではなく、あくまでも静的で寡黙な道具に徹したデザイン。ニコンの新たな歴史を紡ぐ役目を担うカメラとして、一つの原点回帰を思わせる”デザインのリセット”がなされています。しかし、シャッターボタンの周囲に配置した各ボタンのレイアウトは、D5やD850と同じ。引き継ぐべきものと変えるもの。伝統と革新が融合した高バランスのデザイン。それがZシリーズです。
<<< 前回 Nikon Z 7 1st レビュー Vol.4 -EVF-
<<< Canon EOS R 1st レビュー Vol.1
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. EOS RP

    2019-2-16

    Canon EOS RP

    カジュアル・フルサイズ かつて、キヤノンのカジュアル・フルサイズ一眼レフといえば、EOS 6Dでし…
  2. 紫紺野牡丹_

    2019-2-9

    紫紺野牡丹(シコンノボタン)

    祇園の紫 去年、京都 祇園を訪れた時のこと。お昼をどこで食べようかと花見小路通を行ったり来たりして…
  3. 帝釈天

    2019-2-3

    Canon EOS R レビュー -質感表現-

    レンズとカメラの新しい関係 キヤノン初のフルサイズ・ミラーレスは何もかもが新しい。新設計のカメラに…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る