奥野ビル 銀座の隠れ家

銀座のレトロビル

銀座に残る、超レトロスペクティブなビル、奥野ビル。現在ではほとんど見ることがない”手動式”
エレベーターに乗り込み、3階へ。昔の電子レンジのような”チンッ”というベルの音とともに到着。
まずは内扉の黄色い格子扉をガラガラと音をたてて開き、その後外扉を開いて廊下に出ます。

隠れ家

築82年の歳月を感じさせる、どこか枯れた空気が辺りを支配していて、タイムスリップ感たっぷり。
廊下の突き当たりを左に見ると、およそこのビルには似つかわしくない、鮮やかなブルーの扉が、
周囲から浮かび上がるように異彩を放っています。その扉の奥、301号室は“銀座の隠れ家”。

年が刻む跡

アートソムリエの山本冬彦さんの趣味部屋で、個人的に集めたコレクターアイテムが展示されている
とのこと。この日、奥野ビルを訪れたのは早朝だったので、扉をノックできませんでしたが、この
雰囲気、画になります。廊下に刻まれた導線、見ればそれぞれの扉に向かって蛇行しているのです。

人の歩んだ足跡が作り出したそのラインまでもが、空間のアートになる。時の魔法です。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
f2.8 1/50秒 ISO640 露出補正-2
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 35㎜
---------------------------------------------
>>> 東京スナップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 鹿の赤ちゃん

    2017-6-15

    鹿苑(ろくえん)の赤ちゃん小鹿 Vol.3

    ベビーラッシュ 奈良公園。6月初旬は、鹿達のベビーラッシュの時期。園内に設置されている鹿の保護施設…
  2. α6000_3

    2017-6-12

    SONY α6000 レビュー -デザイン-

    水平と垂直 α6000のデザインを語る上で欠かせないキーワード、それは水平と垂直。あまりに普遍的で…
  3. 御衣黄

    2017-6-10

    緑色の桜 御衣黄(ぎょいこう)

    緑色の桜 「緑色の桜というものがある。」と、テレビのクイズ番組で出題されたなぞかけ問題のような話を…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る