OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

世界一、ブレないやつ。

本田圭佑を背景に、こんな心憎いコピー。
世界最強の5軸手ぶれ補正機構を搭載して、OLYMPUS OM-D E-M5はMark IIに進化しました。
その威力、静止画では世界最高という、シャッター速度5段分の補正性能。ボディー内手ぶれ
補正だからこそ可能になった、5軸の強みを遺憾無く発揮。

鳥に?虫に?

強力な手ぶれ補正機構は、コンパクトなボディで高倍率の望遠レンズが楽しめる、マイクロ
フォーサーズならではの正しいアプローチです。三脚では追い切れない野鳥撮りのフォト
グラファーが泣いて喜ぶ進化ではないでしょうか。
いや、これは高倍率マクロでジャスピンを狙う虫撮り組にも朗報なのでは!?

強力な防塵防滴仕様ボディ。

なんと、雨の中でさえも撮影が可能という、防塵・防滴仕様。ミラーレス一眼ですから、
もちろん交換レンズ群も合わせてトータルで防塵防滴仕様。撮影中の突然の雨…。旅行中
ではよくあるんですよね。

シャワーキャップでボディを覆って雨の侵入を防いだりしていますが、OM-D E-M5 Mark II
ならば安心。なぜなら、こんなキャンペーンを実施するのです!↓
                  >>>「OM-D防塵・防滴保証キャンペーン」を実施

それだけ対環境性能に自信がある証拠ですね。
初代OM-D E-M5から更に引き締まった外観で登場したMark II。ワクワクする進化ですね!
                        >>>OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

------------------------------------------
>>> 新製品ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 上海のわんこ

    2017-4-22

    上海 広東路(グアントンルー)のわんこ

    精肉店の看板犬 上海市内の広東路(グアントンルー)を歩いていた時のこと。右からも左からも来る車とバ…
  2. Sony α9

    2017-4-20

    Sony α9(ILCE-9)

    Exmor RS 35mmフルサイズ イメージセンサーとしては世界で初めて採用する、積層型CMOS…
  3. 東寺の桜

    2017-4-17

    京都 東寺 五重塔と桜

    桜の京都 季節は春。毎年4月を過ぎる頃、京都の町は全域桜色に染まります。洛北から洛南、洛外に亘って…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る