飛火野 OLYMPUS PEN F

OLYMPUS PEN Fの写りは?

 霧の飛火野。こんな不思議な雰囲気に仕上がります。

11月半ばのこの日、奈良公園の飛火野は早朝、霧で一面まっ白に覆われていました。
OLYMPUS PEN Fの小さな標準レンズ、F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f=38mmでは少々きつい条件。
おまけにハーフサイズなので、白い霧の中の微妙な階調が写し撮ることができるのだろうかと
少々いぶかしがりながらも、やや当てずっぽうで露出を決めながらシャッターを切っていきました。

ハーフサイズはデジカメ感覚!

ある意味フィルムの無駄使いですが、こんな時だからこそ、ハーフサイズは精神衛生上よいのです。
その場では、ピントも露出もホワイトバランスさえも確認できない銀塩フィルムカメラですが、
36枚撮りで72枚分も撮れるので、残りのフィルム枚数をを気にすることなく、アングルを固定した
まま、様々な露出を試しながら撮影トライができるのです。

フィルムならではの独特の粒状感。

さていかかでしょう?この幻想的な空気感。デジタルではなかなか表現できない世界です。
甘い描写すら味になる。これこそがハーフサイズの魅力なのです。
------------------------------------------
OLYMPUS PEN F レンズ F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f=38mm
------------------------------------------
>>> では、続いてもう一枚! OLYMPUS PEN Fの魅力 ④
<<< 戻る OLYMPUS PEN Fの魅力 ②
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • hitujin
    • 2015年 2月 01日

    画面のざらつきがその場の空気感を想像させますね。

    • ポロ

      確かにこの粒状感はフィルム独特の味ですね!デジタルではこうはいきません。コメントありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る