天_PEN

F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f=38mmの色。

OLYMPUS PEN Fの標準レンズ、F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f=38mmが写し出す色は、時に劇的な
描写を見せてくれます。奈良町を散策していた時に、ふと通りかかった薄暗い路地裏を撮影した
ものですが、狭い壁に囲まれた裏手の雰囲気を再現しようと、露出をアンダー目に振って撮って
みたのですが、どうでしょう!この色!

ドラマティックな色。

この写真は、ごく普通のコダックのネガフォルムをしようしたのですが、まるでクロスプロセス
をかけたかのような、不思議な色合い。壁に貼られた波板トタンの茶色も、小用厳禁の鳥居の赤も、
風雨に晒され続けて色褪せた竪樋(たてどい)のモスグリーンも、どれも確かに本来の色を失った
渋い色調ではありましたが、こんなにドラマティックなシーンには見えませんでした。

ハーフサイズならではの粒状感。

加えて、ハーフサイズならではの、粗目なフィルムの粒状感が心地良いノイズとなって、この
ワイルドでビターな独特の空気感を作り上げているのです。
意識してアンダーに振った時の、F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f=38mmの写り、痺れます!

--------------------------------------------
OLYMPUS PEN F レンズ F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f=38mm
--------------------------------------------
>>> 次回は Canon DIAL 35の魅力 について
>>> 進む OLYMPUS PEN Fの魅力 ⑧
<<< 戻る OLYMPUS PEN Fの魅力 ⑥ -名前の由来-
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_5

    2017-8-11

    SONY α6000 レビュー -オートフォーカス-

    0.06秒 シャッターボタンを半押しして、一瞬でピントが合うこの気持ちよさ。そのスピード、なんと0…
  2. 南京西路

    2017-8-9

    上海 南京東路(ナンジンドンルー)

    外灘のメインストリート 人民公園広場から外灘まで続く、上海を代表するメインストリートが南京東路(ナ…
  3. ひまわり畑と親娘

    2017-8-7

    ひまわり畑と母娘

    馬見ひまわりウィーク 四季折々、園内各所が沢山の花に包まれる、奈良の馬見丘丘陵公園。夏のイベントの…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る