三千院

フィルムのリアリティ

OLYMPUS PEN Fが表現する黒。黒の中に潜む繊細で微妙な階調が、一体どこまで映し切ることができるのか。様々な被写体を探していたのですが、なかなかこれ!というものに出会えませんでしたが、タイミングよく、秋の京都で見つけました。

寂光院

京都 大原 寂光院。山門をくぐり、入山の列に並んでいる時、入り口の脇の板塀に目が留まりました。真っ黒に染められた渋墨塗りの塀に、一輪の花と真っ赤な柿。客人をもてなす為の視覚の心遣い。その鮮やかな自然の色が、渋墨塗りの黒をバックに実に映えていました。

階調表現

フィルムは一般的なフジフィルムのFUJICOLOR 100で撮影したのですが、それでも板塀の微妙な板目の陰影がしっかりと記録されています。また、黒の中に落ちた光と影の表情も見られます。なおかつ、フィルムならではのこの味わい。木の質感、陶器の硬さ、柿の手触りなど、温かみの感じる雰囲気が写し出されています。PEN Fはまだまだしっかりと現役ですよ。
>>> 次回 OLYMPUS PEN Fの魅力 ⑨
<<< 戻る OLYMPUS PEN Fの魅力 ⑦
--------------------------------------------
OLYMPUS PEN F レンズ F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f=38mm
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 北堀江の看板

    2019-6-10

    RICOH GR III レビュー Vol.13

    レンズ構成 今回の新型GR IIIでは、レンズの構成が変わりました。前衛機種GR IIの5群7枚か…
  2. GR III_6

    2019-6-7

    RICOH GR III レビュー Vol.12

    デザイン RICOH GR III のデザイン。初代GRから脈々と続く、この無骨とも言える独自のス…
  3. 黒部ダム

    2019-6-3

    黒部ダム

    最高峰の土木技術  日本で最も堤高(ダムの高さ)が高いダム、黒部ダム。建設作業に従事した作業員は述…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る