東大寺

東大寺 五百立山(いおたちやま)

この日、奈良 東大寺の境内には、朝から霧が立ち込めていました。一年を通して、こんな機会は
なかなかありません。すぐにOLYMPUS PEN Fを手にして、靄の立ち込める境内を散策し始め
ました。写真は、大仏殿参道の左手、五百立山(いおたちやま)へと向かう石段です。

霧の境内

始めは20m先すら見通せないほど、真っ白な霧が辺りを覆っていたのですが、参道を歩いている
頃には徐々に晴れてきて、この石段まで来た時には奥の神社の向こうへと、靄がスゥーっと消えて
いくところ。早くシャッターを切らないと、と露出を合わせ、慌てて撮影。

絵画的描写

ご覧の通り、結果はややピンボケ。しかし、仕上がった写真を見てみると、この絵画的な描写を
思わせる、幻想的な画に。焦点は画面中央の緑の葉に合わせたのですが、靄のせいなのか、浅い
光のせいなのか、全体に紗がかかったようなソフトフォーカスな仕上がり。これにZuikoレンズ
F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f=38mmの味が加わり、デジタルでは表現できない描写が生まれました。
フィルムの粗い粒状感が見事にマッチしています!
<<< 前回 OLYMPUS PEN Fの魅力 ⑧
--------------------------------------------
OLYMPUS PEN F レンズ F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f=38mm
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. FUJIFILM X-H1

    2018-2-17

    FUJIFILM X-H1

    Xシリーズ 富士フィルムのプレミアムライン、Xシリーズから新たな製品が登場。ついにシリーズで初とな…
  2. Bowers & Wilkins PX_6

    2018-2-15

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー -使用性-

    装着感 ヘッドホンとしての最も重要な機能はもちろん音ですが、装着感も同じくらい重要なファクター。こ…
  3. 雪と鹿

    2018-2-12

    雪の飛火野と鹿

    雪降る朝 今朝起きてみると、外は一面雪。しかし空を見るとすでに雲が消え行き、晴れ渡る白銀の世界が見…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る