Panasonic LUMIX DMC-LX100 レビュー -描写力 その2-

木の幹

F1.7

DMC-LX100が搭載しているのは、F1.7 LEICA DC VARIO-SUMMILUXレンズ。ワイド側で
F1.7。テレ側でもF2.8と、コンパクトな本体サイズからは想像できないような、非常に明るい
大口径のズームレンズを採用しています。

ダイナミックレンジ

高級コンパクトデジカメで主流の1インチセンサーと比較して、約2倍の面積比となるフォー
サーズ・センサーを採用しているので、1インチモデルよりもダイナミックレンジが広くなった分、
より明暗差の中の微妙な階調表現がしっかりと描けるのです。

リアルさ

階調の差が微細に描けるということは、被写体の質感をよりリアルに描けるということ。そこで、
大楠の古木の幹を撮ってみました。いかがでしょう、この質感。これまで長い年月風雨に晒されて
きた、乾いた色と畝る樹皮の畝(うね)り。大楠のリアルな質感が見事に描かれています。
この迫力ある画がコンデジで撮れるとは、ちょっとした驚きです。
>>> 次回 SONY α6000 レビュー
<<< 前回 Panasonic LUMIX DMC-LX100 レビュー -操作性-
---------------------------------------------
f10 1/500秒 ISO200 露出補正-0.7
Panasonic LUMIX DMC-LX100 レンズ: F1.7 LEICA DC VARIO-SUMMILUX 34㎜
-------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 砂ずりの藤

    2017-5-14

    奈良 春日大社 砂ずりの藤

    春の色 春は花。花は色。そうです、春は様々な色が芽吹く時。5月を過ぎる頃になると、ハイキングの途中…
  2. α6000_1

    2017-5-12

    SONY α6000 レビュー

    APS-C ミラーレスのベストセラー 巷で数ある、レンズ交換が可能な一眼レフ/一眼ミラーレスの中で…
  3. 奈良公園の桜と鹿_2

    2017-5-7

    奈良公園 茶山園地の奈良九重桜(ならのここのえざくら)と鹿

    桜の終盤 先月の下旬頃、奈良公園の桜ももう終盤にさしかかっているとのお知らせが、桜の見頃サイトでア…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る