Lumix GX7 Mark II

ローパスレス

Mark IIは描写力に拘(こだわ)りを。16M Live MOSセンサーは、解像度を据え置きとしながら、
今時の一眼カメラの一大トレンド、ローパスフィルターレスとしてきました。モワレ対策について
特に言及がないものの、公式サイトのサンプル写真を見る限り、澄み切った抜け感のある描写です。

5軸×2軸

今回新たに採用した手振れ補正システムが実に強力。ボディ側では5軸の手振れ補正。レンズ側では
2軸の手振れ補正。ダブルでブレを抑える頼もしい機能を搭載。「Dual I.S.」と銘打った手振れ
補正で、高解像度な静止画も、4K動画撮影時も任せて安心なシステムです。

EVF

現行機種のLumix GX7で、最も使いやすさを実感したのがチルト可動式ファインダー。EVFならでは
の直角に曲がる可動式のファインダーでしたが、残念なことに今回のMark IIでは搭載が見送られて
しまいました。コンパクトで圧迫感のないあのボディに搭載されていただけに、チルト可動式
ファインダーの省略は本当に残念でなりません…。
------------------------------------------
>>> 新製品ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. WF-1000X_4

    2017-9-22

    SONY WF-1000X 1st レビュー -使用性-

    ペアリング ワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンなどで煩わしいのがBluetooth接続時のペ…
  2. WF-1000X_2

    2017-9-19

    SONY WF-1000X 1st レビュー -バッテリー性能-

    使用時間 左右のイヤホンを繋ぎ、プレーヤーへと繋がるオーディオケーブル。この耳元から下がる煩わしい…
  3. WF-1000X_3

    2017-9-17

    SONY WF-1000X 1st レビュー -ノイズキャンセリング-

    完全ワイヤレスイヤホン KickStarter発の、EARIN M-1から始まった、左右独立型 完…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る